88-1
働き始めて収入を得るようになると、銀行口座が必要となりますよね。それは家庭を持っても変わりません。給与振り込み、様々な引き落とし等様々なシーンで必要です。そこで考えるのが銀行口座はいくつ必要になるかということです。 単純に考えれば、銀行口座は一つあれば足りるのですが、銀行口座は3つ用意するのが良いと言われています。それぞれの口座の役割はどういったものなのでしょうか。

■お金を貯めるには3つの口座が理想

銀行口座を管理するということを考えると、1つが管理が簡単です。ですが、お金を貯めようと考えた場合、用途ごとに銀行口座を分けるのがよいのです。その3つが「使う」「貯める」「増やす」になります。 メインとなる「使う」の銀行口座は都市銀行や地方銀行がよいです。ただし、ATMが無料となる時間に制限があったり、金利が低い場合もあるため、サービスをうまく利用していろいろな手数料がかからないように工夫をします。 「使う」はその名の通りお金を使うための口座で、クレジットカードの引き落としや公共料金の引き落としに使用する口座になります。 これが、メインの銀行口座となり、給与の振り込みもこの口座を利用します。引き落としを1つの口座にまとめることで、家計の管理がしやすくなるのです。 サブとなる「貯める」の銀行口座はネット銀行や都市銀行の自動積立口座などが向いています。ネット銀行の特徴として、金利が高めで手数料が低めといった特徴があるので、これをうまく利用してお金を貯めるのです。 最後に「増やす」の銀行口座はもネット銀行やその他の銀行のネット視点がよいです。この口座は投資などでお金を増やす目的の口座ですから、ネット証券がグループとなっている銀行がメリットが多くなるのです。