107-1
仕事で初対面の人と上手く話すことが出来なかったり、セールストークが苦手だったり、職場での会話が上手く出来ない…そんな悩みをお持ちの方は意外に多いのではないでしょうか? そこで、そんな悩みを解決するために今回はお客様との会話の上手さが重要とされている接客のプロの“キャスト(キャバ嬢)”の会話テクニックに注目してみることにしましょう。

◆キャスト(キャバ嬢)に求められているもの

まずは、プロのキャスト(キャバ嬢)になるには、どんなことが求められているのか確認しておくことにしましょう。 キャバクラで働いているホステスのことを、業界内では「キャスト」と呼んでいるそうですのでここでもキャストと呼ぶことにしたいと思います。 キャストになるには、そのお店でキャストとしての資質があるかチェックされた上でそのお店で働くことが出来るようになります。 キャバクラで働くために必要なのは、来店したお客様に提供するサービスに対してプロ意識を持てるかどうかということだそうです。 つまり、お客様が支払う価格に見合ったサービスを提供することが必要になって来ます。単にお酒を用意をしたりするだけではない、会話を楽しんだり癒されたりと言ったプラスアルファの付加価値が必要になって来ることになります。そのためには、場の空気を読むことやお客様への気配りや気遣いが出来ることも重要なポイントになります。 キャバクラで働くホステスのことを「キャスト」と呼ぶのには実は大きな意味があります。キャバクラでは、お客様が満足するサービスを提供するための演出や役割があり、それぞれのキャストはお客様にとっての主演女優として振舞うことになります。

◆キャストが心がけていること

それでは、キャストが接客をする際にどんなことを心がけているのか探ってみることにしましょう。 場の空気を読んでお客様が求めている気配りや気遣いを提供することがキャストの重要な役割になりますので、その場の空気を読むことを第1に心がけているようです。 どうやってその場の空気を読むのかというと、お客様から出される様々なサインを見逃さないようにしているようです。 具体的には、会話の内容、声のトーン、表情、しぐさなどを注意深く観察して、対応を行なっているようです。 1人でじっくりと話したいのか、それとも大勢で盛り上がりたいのかと言った見極めも大切とのこと。 さらに、お客様の名前を2回聞かないように、メモをしたりしているそうです。名前を間違えられるのも嫌ですけれど、いつまでたっても名前を憶えてもらえないと客として認められていないのではないかと思われてしまいそうですよね。 キャストの仕事は、お店にいらしたお客様を楽しませることですので、そのためにはお客様の反応を見ながら接客方法を探って相手の要望に合わせて行くのは必須のようです。 これらの心がけは会社だけでなく様々な人間関係を円滑にするために必要な心掛けとも言えるのではないでしょうか?