176-1
年末年始やお盆は夫の実家に帰省しないといけないので、その時期が近づいてくると気持ちが憂鬱になってしまう妻も多いかもしれませんね。 結婚する前はほとんど実家に帰っていなかった男性でも、結婚を機にやたらと実家に帰りたがる人もいるようです。 それに付き合わされる妻の本音とは、一体どのようなものなのでしょう。頻繁に帰省したがる夫に対しての、妻の本音や実際の行動についてまとめてみました。

■夫の実家に行くことについて妻はどう思っている?

2017年にマイナビウーマンが実施したアンケートによると、およそ64パーセントの妻が夫の実家に行きたくないと考えていました。 自分の実家と違いゆっくりできない、気を遣うなど、いろいろな理由から行きたくないと思っている妻が多いようです。 年末年始やお盆だけでも夫の実家に行くのは抵抗があるのに、連休や実家のイベントのたび夫が帰ろうとすると、妻のストレスも溜まってくることでしょう。

■妻の本音は「行きたくない」

176-2
夫に対して、夫の実家に行きたくないことをストレートに夫にぶつけている妻は、かなり少数派です。夫には笑顔を見せていても、本音では「行きたくない」と思っている妻は圧倒的に多いことでしょう。 夫の実家に行くと、夫や義父母は「もう家族なのだから遠慮しないで」「ゆっくりしてね」など、優しい言葉を口にしてくれますが、言葉通りに受け取って気遣いをせずのんびりしていると、なんて気が利かない嫁なのだろうと思われているのでは……。と、不安に感じますよね。 姑が表面上はおだやかな顔をしていたとしても、夫にこっそり告げ口をしたり、帰ったあとに小姑などに自分の悪口を話していたなんてことも少なくありません。 こうしたことを回避するため、夫の実家に行くと自宅にいるより動き回ったり、周りに気配りをしなくてはならないので、夫の実家には「行きたくない」と思う妻が多いのではないでしょうか。