こんにちは。2歳、年長、小学5年生、年の差兄妹の子を持つ働くママ矢那奈美です。 うだるように暑い日々が続いており、会う人会う人「暑いねー」としか言葉が出ません。 さて、そんな暑い夏にもぴったりな習い事スイミングスクールについて、長男のケースについてお話しします。

 

なぜ?3つのスイミングスクールを渡り歩いた 体験談

 

■まず1つ目のスイミングスクール、まさかの倒産。

長男は気管支が弱く、少し喘息体質だったのでスイミングは習わせようと年少の3歳になったばかりの時に通わせました。3月生まれなので、年少さんからのスタートでもかなり早い方でした。ガラス越しに見学ができるですが、まだ赤ちゃんに見える長男はとてもおぼつかない雰囲気でプールに入っていたのを覚えています。
スイミング1(初めてかぶった水中眼鏡と水泳キャップ)
教室も家から一番近いところと、土曜日に通えるところという条件で選んだのでカリキュラムは全く意識してませんでした。水で遊べればいいだろうという軽い意識でした。 ところが、このスクールがある日突然倒産して通えなくなるという事件が発生。決められた曜日にスクールに行ったら教室の入り口に張り紙がしてあり「倒産したのでスクールを締めました」と書いてあったのです。授業料も踏み倒されたのでがっかりやらびっくりやらです。教室選びって大切なのねと反省しました。
スイミング2(水を怖がらなくなりました)