書写もノートもテストも字が汚い ——。読みにくい字を書くお子さんに頭を抱えてしまっている親御さんも多いのではないでしょうか。そんなお子さんにはどうサポートしてあげたらよいのか、教育家・見守る子育て研究所(R)所長の小川大介先生に伺いました。

【Q】字が汚すぎる子、どうしたら?

小学校2年生の男の子の母です。息子の字がとても汚く、読めたものではありません。トメ、ハネ、はらいなど、細かいところも問題はあるのですが、それよりも、字のバランスが悪いです。たとえば「森」という字は3本の木を同じくらいの大きさで書けばいいのに、上の木がとても大きかったり、「休」という字は左右同じではなく、にんべんが大きかったりという具合で、漢字としては正しいけれど、バランスが悪く汚く見え、テストの枠からはみ出すこともしばしばです。一字一字つきっきりで教えてあげる時間もありません。どうした良いのでしょうか?

周囲がなかなか気づきにくい「視力のバランス」

文字がうまく書けないのにはいろいろな要因がありますが、まずは視力で左右にズレがないか確認してあげてほしいと思います。たくさんの子どもたちを見てきましたが、視力のバランスがズレていることで、「見えているけれど頭に入ってこない」子が意外と多いと感じています。

 

脳がうまく像をキャッチできず、見ているものと頭のなかで理解した形がズレて、イメージしている字と手が書いている字が一致せず苦しんでしまう。とくに小さいお子さんはそのような状態になることが多く、本人は「そういうものだ」と思っているので、なかなか周囲が気づいてあげられません。ご相談者様のお子さんもまだ小学校2年生ですので、まずは視覚機能をチェックしてあげるといいかもしれません。

字が汚い

欧米では視覚機能を鍛える「ビジョントレーニング」の歴史が長く、視覚機能の検査や支援を担う「オプトメトリスト(検眼士)」という国家資格もあってサポートが充実していますが、日本は残念ながらそこまで環境が整っていません。

 

視覚機能が気になったらまずは眼科に行くことをおすすめします。その際に単に視力の問題ではなくて、見ているものが上手くキャッチできているのか気になるということを医師に伝えてみましょう。知識がある医師でしたら何らかのアドバイスをもらえるでしょうし、しっくりこない印象なら別の医師を探すか、専門性の高い眼鏡店を訪れてみるのが良いと思います。

文字の線の上に特徴点をつける

視力に問題がない場合は、文字の形を押さえるうえで「特徴点」に注目するのが苦手なのかもしれません。文字は線で構成されていますが、線は点の集合体ですよね。そのポイントとなる点を押さえるのが難しい子がいるのです。

 

たとえば、ひらがなの「あ」の一画目は、横棒がほんの少したわむような形をしています。大人は当然のように、始点から終点まで5つくらいの仮想の点をなぞるように線を描いています。モーションキャプチャ(関節などの部位の位置と動きを記録し、人間の動作を記録する技術)のイメージですね。

 

しかし、文字の形を捉えることが苦手なお子さんは、どの点を通るかという発想がない。そのため、写生が苦手な場合も多いです。

 

だから、親御さんは線の上に特徴点をつけてあげましょう。ある形を捉えるにはどこに注目したらいいかを教えてあげて、なぞらせてあげるのです。そうすると、だんだん字の形を捉えられるようになっていきます。

 

漢字ドリルの場合、うすい色の字をなぞらせる欄のあとは空白欄になっていることが多いですが、うまく書けない子にとってはハードルが高いです。なので、空白欄には親御さんが始点と終点を書きたし、「つなぐように書いてごらん」とステップを1つ作ってあげるといいと思います。

文字のバランスはちょっとしたガイドを

ご相談者様は「森」という字のバランスを気にされていますが、お子さんは集中して「ちゃんと書かなければ」と思うから一部のパーツが大きくなってしまうのかもしれません。

 

「小さい子あるある」です。幼稚園児がママやパパの顔を描くと目や鼻が異様に大きくなったり、ひげあとで顔が青々としてしまうなど、時にバケモノのようになるのは、見えたものを全部書こうとするから。それが文字でも起きていると考えてください。

 

その場合は、ハードルを細分化してあげましょう。「森」であれば、木を1つの塊と考えて、3つの丸を書いて「この丸の中に『木』を書いてごらん」とサポートしてあげるとよいでしょう。そんなちょっとしたガイドをしてあげれば大丈夫なので、つきっきりになる必要はありません。

 

ちなみに、文字の一部のパーツが大きくなりがちな子は、深く集中したり物事を突き詰めたりすることができる子です。昆虫を観察してとことん調べるなど、学びの深掘りが得意な傾向があるので、ぜひそういったよいところにも注目して伸ばしてあげてください。

 

お子さんの手を持ちながら、あるいは親御さんの手にお子さんの手を載せながら、「一緒に書こうね」と言って字を書いてあげるのもいいと思います。上手に書けた手の動きを体感させてあげましょう。

 

そのほか、心の問題や発達特性など、字がうまく書けない要因はさまざまですので、私がYouTubeで配信している動画も参考になさってください。

 

日本では、字が汚いと「育ちが悪い」などと責められる対象になりがちですが、文字が書けなくても人の価値は損なわれません。大切なのは責めることではなく、支援や対話。うまく書きたいけど書けない子の苦しみを理解し、その子の資質や能力が伸びるお手伝いをしていくことが重要です。そんなふうに、多様性を認めていける社会になってほしいなと思っています。

 

PROFILE 小川大介さん

小川大介先生
教育家・見守る子育て研究所(R)所長。京大法卒。30年の中学受験指導と6000回の面談で培った洞察力と的確な助言により、幼児低学年からの能力育成、子育て支援で実績を重ねる。メディア出演・著書多数。Youtubeチャンネル「見守る子育て研究所」。

取材・構成/佐藤ちひろ