“よしお兄さん”こと小林よしひささんは、食育アドバイザーの資格を持つほど料理上手なお兄さんとしても有名。子どもに人気のお菓子「うまい棒」も、小林さんの手にかかれば本格的な料理に変身します。どんなレシピなのか、さっそく見ていきましょう。

よしお兄さんのうまい棒アレンジレシピ

5月15日に放送された『ウワサのお客さま』(フジテレビ系)では、“アレンジ料理選手権”を開催。さまざまな芸能人がインスタント食品やコンビニグルメを使った料理を披露しました。

 

小林さんが選んだのは、安くておいしいおやつの定番・うまい棒。まずたこ焼味のうまい棒で、お好み焼きを作っていきます。厚手の袋にうまい棒を8本入れたら、めん棒で丁寧に叩いて粉末状に。粉々になったら袋からボウルへうつし、生卵2個を投入してください。

 

粉末と卵をしっかりかき混ぜて、せん切りキャベツも追加。あっという間にタネの完成です。タネができたらあとはフライパンで焼くだけ。ソース、マヨネーズ、かつお節、青のりをトッピングすれば、どこから見ても本物のお好み焼きのように仕上がります。うまい棒の主成分はとうもろこし粉なので、粉末にすることで小麦粉の代わりに。うまい棒自体が濃厚ソースで味つけされているため、お好み焼きにピッタリですよ。