注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「履歴書で落ちた!」はココで防ぐ!人事担当者の履歴書チェック項目とは?

仕事

2019.03.12

76-1

再就職や転職をしようと思ったら、まず用意したいのが履歴書です。自分自身がどんな人間なのか、人事担当者に伝えてくれる、非常に重要な書類だと言えるでしょう。

とはいえ「この履歴書って、実は書くの苦手なんだよね……」なんて感じている女性たちはいませんか? 人事担当者がチェックしやすいポイントを知れば、それはそのまま「上手に履歴書を記載するコツ」になるはずです。

書類選考合格率をアップするための、履歴書のポイントを紹介します。

■まずは「履歴書」の意味を知ろう!

再就職や転職のため、履歴書を用意することになったら、まずはその意味を正しく把握しましょう。ついなんとなく用意しがちな履歴書ですが、もちろんそこには意味があります。

履歴書とは、その人の基本的な情報を伝えるための書類と考えれば良いでしょう。年齢や出身地、出身学校やこれまでの職種の経歴などが記載されています。またこのほかにも、自身が保有している資格の情報や、応募した仕事への熱意を記載する欄も用意されています。

もちろんこれらの情報は、応募先の企業にとって必要なもの。特に資格や過去の経験を重視する企業は少なくありません。

しかしだからと言って、「求められた情報だけを、ただ淡々と記載すれば良い」というわけではありません。文字の丁寧さや、自己PRの内容、志望動機などには、その人の性格や内面が映し出されるもの。履歴書から、応募者の「人となり」をチェックしている人事担当者は、決して少なくありません。

履歴書と一緒に職務経歴書の提出を求められている場合、履歴書よりも職務経歴書の方に力を入れて準備する方は少なくありません。しかし実際には、履歴書だけでNGと判断されてしまえば、「職務経歴書にまで目を通してもらえない」なんてことも十分に考えられるのです。

■人事担当者は、多数の履歴書のココを見ている!

では具体的に、履歴書の中身について、どこにどう力を入れるべきなのか、詳しくチェックしていきましょう。人事担当者がチェックしやすいポイントは以下の3つです。

・基本的なマナーが守れているかどうか
・必要な情報の抜けがないかどうか
・自分自身のキャリアや強みを、冷静に分析できているかどうか

履歴書の内容がどれだけ優れていても、基本的なマナーを守れていない履歴書は「社会人として失格」と判断されてしまいます。はっきりと丁寧に、読みやすい文字で記入するほか、「消えるボールペンやシャープペンシルで記入しない」など、基本的なマナーを守っているかどうかは、必ずチェックされています。

また自己PR欄も、人事担当者が注目するポイントの一つです。どんな人にも強みや弱みがあるものですが、自分自身で冷静に分析した上で、「もしこの会社に採用されたら、こんなことで活躍できる!」という記載内容があれば、「もっとこの人の話を聞いてみたい」という気持ちを抱かせることができるでしょう。

■履歴書作成でもう迷わない! 押さえておきたい3つのポイント

履歴書の作成で悩んだときには、ぜひ以下の3つのポイントを意識してみてください。人事担当者の心に残る、すてきな履歴書を作成できることでしょう。

★「パソコン作成」でも「手書き」でもOKなら、「手書き」がオススメ

企業が求める「理想の履歴書」は、それぞれの会社の特徴によって異なってきます。特に最近は、Web上での提出やパソコンで作成した書類を前提に、話を進めていく会社も増えてきています。これらの方法を会社側から指定されている場合には、もちろんそれにのっとった形で書類を提出してください。

企業によっては、「パソコンでも手書きでも良い」としていることがありますが、この場合、あえて「手書き」を選択するのがオススメです。

記載内容が事細かに指定されている履歴書で、「個性」を出すのは決して簡単なことではありません。パソコンで書類を作成すれば、「無個性」の印象はさらに強くなってしまうでしょう。

手書きでしっかりと、そして丁寧に書いた方が、自身の情熱を伝えやすくなります。

★履歴書は、応募先に向けて書こう

再就職先や転職先を求めて、何社も受けるような場合でも、「履歴書の使いまわし」は禁物です。こうした「万人ウケ」の履歴書は、人事担当者にしっかりと見抜かれてしまいます。

応募先の企業が変われば、伝えたい熱意や自己PRの内容は、変わってくるのが当たり前です。それぞれの業務内容と自身の相性を踏まえて、PR内容を記載しましょう。「応募先へと伝えたいこと」を意識しながら記載すると、うまくいきます。

もちろんそのためには、応募先の企業について、しっかりと下調べしておくことも必要です。できるだけ具体的に「応募先企業に惹かれた理由」を記載することで、担当者の目に留まりやすくなります。

★記入漏れやうっかりミスがないよう、最後の確認はしっかりとしよう!

印象が悪くなってしまう履歴書には、「記入漏れ」や「うっかりミス」が目立ちます。これらの履歴書は人事担当者から、「適当な思いで提出したのかな?」なんて思われがちです。

履歴書を作成する際に、「これさえ書けば絶対に受かる!」という魔法の文言は存在しません。しかし「熱意や礼儀が感じられない履歴書」は、ほぼ確実に落とされてしまいます。

「受かるための工夫」ももちろん大切ですが、それ以上に「落ちないための工夫」が求められるのです。

76-2

■まとめ

履歴書を書くのが苦手……という方は、まず事前に「見本」を記載してみると良いでしょう。文字や余白のバランスは、一度書いてみることで、把握しやすくなるはずです。

また「自己PRで悩んでしまう……」という方も多いですが、「応募理由」や「自分が応募先で生かせるスキル」、「入社後の意欲」などを記載すれば、それがそのまま自己PRにつながります。

「とにかく書いてみる」ところからスタートして、徐々に情報を整理していくのもオススメですよ。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【就職・転職】その他の記事

就職・転職
もっと見る