注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ワーママ転職!決断前に、家族と話しあうべきこと4つ

仕事

2019.07.08


子どもを産んだ後も、職場で活躍する女性も増えてきています。一昔前と比較すると、さまざまな立場の人が自分なりに輝ける時代になってきていると言えるのかもしれませんね。

とはいえ子どもをとり巻く環境は、成長段階によってガラリと変わるケースも少なくありません。「今の仕事のままでは無理だ……」と思ったときには、転職を検討するママたちも多いことでしょう。

より輝ける居場所を求め、転職を成功させるためには、まず家族との話し合いが何よりも大切です。転職活動中、転職後に家族とギスギスしないために、話し合っておきたいポイントを4つ紹介します。

■ポイント1「なりたい自分を明確に伝える」

ワーママが転職を決めるときには、今の自分が、なりたい自分とかけ離れているケースも少なくありません。理想と現実のギャップに悩み、それをなんとかするための手段が転職というわけですね。

しかし自身のギャップが、家族にも正しく伝わっているとは限りません。「今の生活で十分に満足しているのに、なぜわざわざ転職するの?」なんて感じている家族がいれば、ママの転職活動を気持ちよく応援するのは難しくなってしまうでしょう。

ワーママの転職について、家族に理解してもらうためには、自分の思いを丁寧に伝える努力が必要となります。これから先どんな自分になりたいと考えていて、どのような目的をもって転職しようと考えているのか。転職の目的を家族にも丁寧に伝えることで、協力体制も生まれやすくなるでしょう。

■ポイント2「お金について」

ワーママが転職を検討する際には、毎月の収入金額に変化が生じる可能性も高いです。転職をきっかけに「給料が上がる」ケースでは、ほとんど問題はないかもしれませんが、逆の場合には注意する必要があります。

たとえばワーママが正社員からパートに転職しようとすれば、給料ダウンは必須だと考えられます。その分家計全体で使えるお金は少なくなりますし、パパの精神的負担が増すことも考えられます。

転職することで自由になる時間は増えても、自由になるお金が減ることになれば、家族全員でイライラしてしまうようなケースも少なくありません。

ママが転職をすることで、この先どのようなお金の変化が生まれるのか。もしもお給料が減少する場合には、どのような工夫で乗り切っていくのか。家族それぞれの思いを率直に語り合うことで、転職後の生活を思い描きやすくなるでしょう。

■ポイント3「家事負担について」

ワーママの転職には、「仕事量を増やして、これまで以上に稼ぎたい!」というパターンもあります。子どもが幼い時期には仕事量をセーブして、子どもが成長してきたタイミングで転職したい!という方も多いのではないでしょうか。

このパターンの場合、家族の収入よりも問題になりやすいのが家事負担についてです。これまで家事を一手に引き受けてきたママが、転職により仕事量を増やせば、当然家事を担う手が足りなくなることが考えられます。

この場合には、ママが仕事をするメリットや目的について話し合った上で、手が回らなくなった家事を、家族内でどう分担していくのかを決定するのがオススメです。パパはもちろんのこと、成長した子どもたちも、きっと戦力になってくれるはずですよ。

家族内で家事サポートの仕組みを整えることで、転職後のママたちの生活も、少しは楽になるのではないでしょうか。

■ポイント4「転職先についてもよく相談を」

ワーママが転職を検討する際に、「率直な意見を誰かに聞いてもらえたら……」なんて感じることもあるでしょう。転職アドバイザーなどを頼るのも一つの方法ですが、家庭内で相談するのもオススメの方法です。

転職先を決定する上では、その会社が提示する条件や業界全体の雰囲気について、冷静に検討することが大切です。自分自身に合った会社でなければ、仕事を続けていくのは難しくなってしまうでしょう。

転職について検討し始めたら、ぜひパパを含む家族に相談してみてください。転職を検討していることや、転職先としてどんな企業を選ぼうと思っているかなど、相談に乗ってもらうべきポイントは数多く存在しています。

ママが一人で冷静な判断ができないときには、ママにとって身近な人ならではの意見が役立つはずです。「もっと○○の方が向いているのでは?」「△△が問題であれば、もっと□□にする方法もあるのでは?」など、ママとは違った視点の意見を聞ける可能性もあるでしょう。

転職について考え始めたときにも、そして自分が選ぶべき転職先で悩んだときにも、ぜひ家族という存在を頼り、相談してみてください。

■まとめ

ワーママの転職は、決して簡単なことではありません。ママ自身の負担が大きいのはもちろんのこと、家族の負担も大きくなってしまいがちです。転職活動をスムーズに行い、適切なサポートをしてもらうためにも、家族の理解と協力があった方が良いでしょう。

今回紹介した話し合いポイントは、いずれも重要度の高いものばかりです。「育児と仕事で疲れているから……」なんて思ってしまう気持ちもわかりますが、できるだけ早い方が準備期間を長くとれます。

厳しいことも多いワーママの転職活動ですが、家族の協力があったからこそ頑張れた!と語る方は決して少なくありません。心強い味方を得るためにも、まずは自分自身の気持ちを、率直に伝えるところからスタートしましょう。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【就職・転職】その他の記事

就職・転職
もっと見る