コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「資格」って仕事にどう生かせるの?働くママにおすすめの資格10選

仕事

2020.01.08

2020.03.09

資格があると就職に強い!という話はよく耳にするものですが、実際のところ、資格がどれくらい有利に働くのか気になりませんか?

なかには、なにかしらの資格があると転職のときに有利と聞いて、適当な資格を取ってみたところ、全く意味がなかったという人もいるようです。

 

実は、資格は取得することが目的ではありません。資格取得後に、いかに生かしていくかということが何よりも大切なのです。

 

そこで今回は、実際に就職や転職などでどのようにして資格を生かしていくか、ワーママにおすすめの資格とは何かなどをご紹介していきたいと思います。

 

就職や転職に活かしやすい資格とは?

では、実際に仕事に直結しやすく、生かしやすい資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、専門性の高い医療分野の資格。資格を持っていなくても応募自体はできるという職種もありますが、仕事内容の専門性が高いため、資格があると重宝されるようです。また、趣味と実益を兼ねた資格は、自宅で起業したいというときに生きてきます。

 

①医療事務資格

例えば、人気のある「医療事務」もその1つ。年齢を問わない求人も多く、安定して長く働きたいという人にはとても人気の職種です。

通信講座などを利用すれば在宅での勉強もできますので、子育てをしながら資格を取得したいという方に人気があります。

 

②看護助手資格

同じく医療系の「看護助手」も人気の資格です。看護師と混同されがちで、看護師と同じように資格取得に年数もかなりの専門知識も必要だと勘違いしてしまう方も多いのですが、看護師とはまったく違う職業です。

 

看護師は採血や注射などの医療行為を行うことがメインですが、看護助手は医療行為を一切行いません。患者さんの手助けや、病床の整理整頓などを行います。人の役に立っているということを強く感じられる職種ですので、やりがいを感じられるお仕事をしたいという方におすすめです。

 

③ネイリスト検定

就職や転職だけでなく、企業にもつながる資格で人気があるのが「ネイリスト検定」。

自宅でネイルサロンを開業しているような方も多く、ブライダルや成人式などでの需要も一定してあるので、持っておいて損はない資格ともいえます。

 

>>メイクやファッションに興味があるならこんな仕事も

④カラーコーディネーター

同じくファッション業界やメイク業界で需要が高いのが「カラーコーディネーター」。色の効果的な使い方を学ぶ資格で、デザイン系やインテリア系の職種からの需要も高くなっています。

プライベートでも日常の洋服のコーディネートなどに役立てることが出来るのも嬉しいポイントです。

 

 

転職だけではなく、今の仕事にも生きる資格とは?

転職だけではなく、現在就いている仕事に生きてくる資格もあります。

特に以前から注目されている情報系や語学系の資格は、これから取得しても損はない資格です。

 

「情報セキュリティマネジメント検定」

まず、顧客情報などを多く扱う企業に事務職として勤めている方の場合、「情報セキュリティマネジメント検定」も需要が高まっている資格です。

 

情報のデータ化が進むに伴い、万が一サイバー攻撃を受けてしまったときの企業の打撃もとても深刻なものになってきています。

 

そこで、サイバー攻撃から大切な情報を守るための知識を得る資格が「情報セキュリティマネジメント検定」です。近年、ハッキングなどのサイバー攻撃が増えてきているため、今後も需要が高くなる見通しがあり、企業によっては昇給も見込める資格となっているそう。

 

⑥TOEIC

接客業などに就いている方におすすめなのは、言わずと知れた「TOEIC」。

 

近年では海外からの観光客も増えてきているため、英語を話せる人材というのは貴重な存在です。

 

TOEICには合格・不合格はありませんが、得点でレベルがわかるようになっています。高得点であればあるほど平均年収も高くなる傾向にあり、得に700点以上を超えた場合には年収アップが期待できそうです。

 

⑦宅地建物取引士

不動産を扱う仕事をしている方には「宅地建物取引士」がおすすめです。

 

新卒で不動産業界に入ったという人の場合はすでに資格取得済みというケースも多いかと思いますが、例えば他業界から事務職で転職してきた人などは、キャリアアップを見越して取得してみてはいかがでしょうか。

 

宅地建物取引士は「宅建士」と略されることもある人気の資格。不動産の取引の詳しい説明を行うことが出来る資格で、この資格があるのと無いのとでは年収にも大きな違いが出てきます。

 

ワーママだからこそ取りたい資格は?

仕事に生かせるだけでなく、なかには暮らしにも役立つ資格も存在します。

暮らしに役立つ資格の場合、ママとしての知識や経験が生きることもあるようです。

 

⑧食生活アドバイザー

食生活アドバイザーは、栄養と健康に関することから、食文化にいたるまで、食に関するさまざまな知識を身に着けることが出来る資格です。

 

近年は食に関する意識も高まってきており、飲食店や介護職などでも需要が高まってきている資格です。栄養士や管理栄養士とは違い、在宅での資格取得が可能であることもワーママにとっては嬉しいポイント。

家庭でも職場でも大いに役立てることが出来る資格です。

 

>>食生活アドバイザーについてもっと詳しく知る

⑨保育士

子育て経験のあるママであることを最大限に活かせる職種ともいえる保育士。

同じ経験をしたママだからこそ気がつける子どもの変化も多いものですし、保護者からの相談にも経験と知識をもとに親身に答えやすいですよね。

 

こちらも在宅での勉強が可能ですので、仕事と育児で忙しいワーママでも無理のないペースで資格取得を目指すことができます。

 

>>資格がなくても「保育補助」なら保育に関わることができる

⑩ファイナンシャルプランナー

お金の専門家であるファイナンシャルプランナーは企業からの需要も高く、家族のライフプランニングにも活かせる人気の資格です。

 

年金問題などが話題になっている今、今後の有資格者の需要も高くなることが見込まれます。

金融機関や保険会社、不動産業界など役立つ職種も幅広く、こちらも在宅での勉強で資格取得を目指せます。

 

キャリアアップを目指しているなら資格取得も一つの手

今回は、仕事に生かせる10の資格をピックアップしてみました。

ワーママにとって資格取得の大きな壁となるのは、やはり時間の問題です。しかし、スクールや講座に通わなくても、独学で資格取得が可能なものも多くあります。

 

転職やキャリアアップを目指しているのであれば、資格を取ってみるというのも一つの手段です。何か新しいことをしてみたいという人も、仕事に生きる可能性のある資格を取得することで、将来の幅が広がるかもしれません。

ぜひ、興味のある資格を見つけてみてくださいね。

 

 

文/佐藤仁美

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【資格】その他の記事

資格
もっと見る