注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

美味しいコーヒーが飲みたい!ドリップコーヒーの上手な淹れ方

家事

2019.07.14

29-2

ちょっと一息つきたいときに美味しいコーヒーがあると嬉しいですよね。外出する時間がなくても、実はペーパードリップで美味しいコーヒーが入れられると知っていましたか?

ペーパードリップでコーヒーを美味しく淹れるコツをご紹介します。

■ペーパードリップコーヒー に必要なもの

さて、コーヒーといえば通な人も多い嗜好品ですよね。詳しい人に相談すると専門的すぎるアドバイスをされることもあるのではないでしょうか?
ですが、ペーパードリップコーヒーに必要なものは、端的に言えば水と粉と紙だけです。この3つのアイテムさえあればご家庭でも簡単に美味しいドリップコーヒーを楽しむことができるでしょう。

まずは粉ですが、これはコーヒーの粉のことです。コーヒーの粉とはその名の通りコーヒー豆を挽いたもので、お湯に全部溶けるインスタントコーヒーとは異なります。

コーヒー粉はスーパーでも売っていますが、コーヒーショップでも豆を挽いてくれたり、あらかじめ挽いてあるコーヒー粉を売ってくれたりします。

コーヒーの香りを楽しみたいという方は挽きたてのコーヒー粉を手に入れられるとグッドです。

コーヒー粉はそのままお湯をかけても溶けずにガラが残ってしまいますので、 こすための紙を購入します。コーヒーフィルターです。

コーヒーフィルターは100円均一などで購入できます。100円均一で売っているコーヒーフィルターにはドリップバッグタイプというものがあり、これを手に入れると安く簡単にドリップコーヒーを淹れることができます。

一般的なドリップバッグタイプのフィルターに10gのコーヒー粉をつめれば、それだけでいろいろな種類のコーヒーを飲めるようになりますよ。

コーヒーフィルターがないときは目が細かい茶こしをドリッパーとして使ってもよいでしょう。

最後に必要な水はそのまま、水道水です。やかんや電気ポットでお湯を沸かせばペーパードリップコーヒーを入れる準備が完了します。

続いて一般的なペーパードリップコーヒーの淹れ方をご紹介します。

■ペーパードリップコーヒーの淹れ方

コーヒー1杯に必要な材料はコーヒー粉10gとお湯130ml程度です。重さを量るのが面倒ですが、 コーヒー粉10gはカレースプーン4杯分程度です。

またお湯130mlは500mlのペットボトルの1/4程度の分量をイメージすると楽かもしれません。

コーヒーフィルターにコーヒー粉をつめたらカップにセットしましょう。お湯は90℃ほどが適温です。沸騰したばかりのお湯を別のカップなどに入れて湯冷ましをすればそのくらいの温度になります。

お湯は一度に入れず、コーヒー粉の全体が湿るように加減します。30秒ほど蒸らしたら、コーヒー粉の中心にゆっくりとお湯を注ぎます。このときコーヒーフィルターにお湯がかからないように注意しましょう。

入れるお湯は3~4回に分けます。 コーヒーフィルターを通してカップ1杯のドリップコーヒーが抽出される時間は2~3分程度です 。抽出が終わったらコーヒーフィルターを捨てて完成です。

ペーパードリップコーヒーを淹れたことがないという方でも、思ったよりずっと簡単に淹れられるのではないでしょうか?

さて、今ご紹介したのはペーパードリップコーヒーを美味しく簡単に淹れる方法でした。もっとこだわりたいという方はドリッパーを使ってコーヒーを淹れてみてもよいでしょう。

ドリッパーはコーヒーのカップのような形をしたアイテムで、ドリッパー用のペーパーフィルターとセットで使用します。

ドリッパーはバリスタが愛用している種類のものが安く売られていたりもしますので、通信販売などで評判のよい商品を探してみてもいいかもしれませんね。

29-1

■もっとおいしく淹れる方法

より本格的にペーパードリップコーヒーを楽しみたい場合は専用の道具を揃えたり、淹れる際にひと手間を加えましょう。
先ほどもご紹介したドリッパー、抽出したコーヒーをカップに注ぎやすくするコーヒーサーバーがあると一度に2~4 人分のコーヒーを淹れられます。

コーヒーのお湯を入れるためには口の細いケトルがあると便利です。ポットなどで沸かしたお湯をケトルに移し替えて湯冷ましし、 適量のお湯を注ぐようにするとよいでしょう。

コーヒーの味に変化をつけたいならコーヒー粉の種類に注目します。コーヒーの酸味が好きな方は浅煎り、 コーヒーの苦味を味わいたい方は深煎りを選ぶと好みに近い味になります。

苦味も酸味も味わいたいなら中煎りや普通煎りのコーヒー粉をチョイスしましょう。 コーヒーショップなどの専門店ではコーヒー豆やブレンドについて詳しい説明がしてあることが多いです。

このような道具を揃えた場合でも、基本的に抽出方法は先ほどご紹介した一般的な例と変わりません。

ただ細かな工夫ができます。例えば一度サーバーの上にドリッパーをセットしてお湯を入れ、器具全体を温める、カップにお湯を入れて温めるなど軽く温度調整をしておくと淹れたての香りや風味、温度をキープできます。

またドリッパーにお湯を注ぐ際に泡が出ますが、その泡がなくならないうちに次のお湯を入れるのも大切です。泡があるとお湯がコーヒー粉全体に浸透しやすくなるのです。すると偏りのないバランスのよい味わいのコーヒーが飲めます。

お湯を入れたときに出る泡は消えてしまうと次が出てきにくいので、泡が出ているうちに次のお湯を入れるようにしてみてください。
3人分のペーパードリップコーヒーの抽出時間は2分30秒~3分です。最初のお湯を入れる際にタイマーで設定しておき、 時間が来たらお湯が残っていてもドリッパーをサーバーから外します。

このようにペーパードリップコーヒーはひと手間でもっと美味しくなります。 美味しいコーヒーが飲みたいと思ったときはまず、コーヒー粉とコーヒーフィルターと水を準備してみてはいかがでしょうか?

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る