注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

根菜レシピの決定版!?「こんな美味しい食べ方があったの」

家事

2019.12.16

煮ものや鍋料理などで幅広く活躍する「根菜」。カブやごぼうなどは今が食べごろですが、いざ調理してみると“いつものメニュー”に偏ることもありますよね。せっかくなら、根菜のうまみを引き上げるプロ直伝レシピにチャレンジしてみては?

栗原家の伝統レシピが登場!

今年12月に放送された『男子ごはん』(テレビ東京系)では、旬を迎えた根菜のアレンジレシピを特集。同番組で料理を担当する栗原心平さんが、栗原家に伝わる常備菜「栗原家の牛ごぼう」を伝授してくれました。早速、ご飯のお供にもってこいな牛ごぼうの作り方をご紹介します。

 

はじめにごぼう250gを包丁の背でこそぎながら皮を剥き、厚さ5mmの斜め切りに。切り終わったらボウルに水を張り、15分間さらします。牛切り落とし肉200gを3cm幅に切った後は、合わせ調味料を準備。しょうゆ大さじ3、砂糖大さじ1.5、酒・みりん各大さじ1をよく混ぜ合わせてください。

 

続いてフライパンを熱してごま油を引き、水けをきったごぼうを強めの中火で炒めていきます。ごぼうが透き通って焼き目がついたら、ちぎって種を取りのぞいた赤唐辛子1本と牛肉を投入。肉の色が変わってきたら合わせ調味料を加えて加熱し、水分がほとんどなくなれば完成です。

 

手羽先のうまみがカブにギュッと凝縮!

次はカブにうま味を染み込ませた「カブと手羽先の甘酢煮」の作り方をご紹介します。まずはカブ3~4個の葉を切り落とし、皮を剥いて4等分にカット。手羽先6本は骨と骨の間に切り込みを入れ、塩を振って下味をつけます。具材の下準備が終わったら、合わせ調味料を用意。すし酢大さじ2、みりん大さじ1、砂糖小さじ2、塩・ゆずこしょう各小さじ1/2を混ぜます。

 

合わせ調味料を作った後は、いよいよ加熱していく工程へ。底の深いフライパンにごま油を熱し、皮目を下にした手羽先を強めの中火で焼きます。焼き目がついてきたら水400ccと酒大さじ1を入れ、フタを閉めて弱めの中火で5分間煮込んでください。

 

5分後にカブを加えて、もう1度フタをして強火で全体が沸くまで加熱。沸騰後に弱めの中火で5分間煮てから、すし酢やみりんなどを混ぜ合わせた調味料を入れます。再び5分間煮た後は水溶き片栗粉も投入。とろみがつくまで煮れば、あとは三つ葉を適量のせてできあがりです。

 

旬の根菜を美味しく調理する方法に、ネット上では「ごぼうを厚めに切った牛ごぼうって新しいね。きんぴらごぼうばかり作ってたし、レパートリーに加えたい!」「カブは味が淡泊だから、イマイチ使いどころがわからなかった…。手羽先と組み合わせればいいのか」といった反響が寄せられました。

 

「ガーリックごぼンプ」でおなかスッキリ!

数ある根菜の中でもごぼうは、便秘改善の効果が期待できる食材。今年5月に放送された『美と若さの新常識~カラダのヒミツ~』(NHK BSプレミアム)では、ハワイ料理「ガーリックシュリンプ」風にアレンジした「ガーリックごぼンプ」が登場しました。袋を活用して具材を混ぜ合わせるので、洗いものを減らせそうです。

 

作り方はいたって簡単。ごぼう約1/2本を長さ5cmほどに切ってから、縦半分に切っていきます。殻つきで無頭のえび8匹は、背ワタを取って臭みを取り除いてください。袋にえびとごぼうを入れたら、みじん切りにしたにんにく2かけ、オリーブ油大さじ3、酒大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、砂糖ひとつまみ、あらびき黒こしょう適量を投入。少しもんで30分間つけ置きします。袋の中へ片栗粉大さじ2をまぶし、中火でごぼうに焼き色がつくまで炒めましょう。仕上げにバター10gを追加してよく混ぜ、お好みでパセリとレモンをかければ完成。

 

根菜が主役のアレンジメニューを作って、旬の味わいを堪能してくださいね。

 

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る