コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

挨拶がすべて!? 武井壮さんの人見知り克服法に納得の声

コミュニケーション

2021.12.02

『ZIP!』(日本テレビ系)のお天気キャスター・貴島明日香さんのYouTubeチャンネル『あすかさんち。』にゲスト出演した百獣の王・武井壮さん。人見知りに悩む貴島さんに向けたアドバイスがタメになると話題になっています。

掴みは挨拶から!?

事の発端は1年前、一緒に飲んでみたい人をスタッフに聞かれた貴島さんが武井さんの名前を挙げたことでした。以前共演した際に武井さんのポジティブな人柄に触れて、悩みを相談したいと思ったそう。人見知りを直したいと願う貴島さんに、自らを「晴れと強風しかない」と語る武井さんはどうアドバイスするのでしょうか?

 

仕事では気合いが入ってしまえば大丈夫ではあるものの、「気合を入れるまでがすごい大変」と語る貴島さん。武井さんは「いいアドバイスあるかな~」と言いながらも、「わざと陽気に挨拶をすればいい」とコメント。その理由は、かしこまった挨拶だとその時点で萎縮モードのスイッチが入ってしまうから。陽気な挨拶で逆にスイッチを入れるとの意見に「それめっちゃいい」と貴島さんも納得していました。

相手との“間”を作っちゃダメ

陽気と言ってもただ明るく挨拶するだけでなく、“語尾を伸ばす”のがポイント。「おはようございます」と語尾を切るとそこで会話が止まってしまい、そこで「もう話を終わらせたほうがいいのかな」と相手に思わせてしまうことも。

 

「おはようございま~す~」と語尾を伸ばせば、余韻が生まれて挨拶が重なると指摘した武井さんは、「その“重なる”のがいいのよ」と説明。“間”を作ることなく“食い気味”の交流が生まれるので、会話が流れると持論を展開していました。

 

人生経験から導き出したであろう前向きな解決法に、貴島さんは「すごいこれ」と感銘を受けた様子。視聴者からも「武井さんのポジティブな発想が良い」「アドバイスが的確すぎる! 私も人見知りなので参考にします」などのコメントが相次いでいました。

人見知りは防衛本能?

経済評論家の勝間和代さんも、自身のYouTubeで「人見知りの克服方法」を紹介しています。人見知りの原因の多くは、自分に自信がないからだと分析する勝間さん。「自分が引け目を感じないようにするというのが、人見知り克服方法としてはけっこう簡単」だと語ります。

 

引け目を感じないためには、身なりを整えるのと“受け入れられた”成功体験が大事。身なりはすぐにでも実践できますが、成功体験のために初対面の人と話すのはやはり怖いものです。勝間さんは「友達の友達とか、友達の友達の友達とか比較的ハードルが低いところで訓練するのが良い」と提案。共通の基盤があって信頼できる相手なら、受け入れてくれるはずと最初からわかっているので楽だといいます。

 

勝間さんは「足のついたプール」に例えていましたが、安心できる環境から徐々にバージョンアップすればいいと考えれば気持ちも軽くなりますね。

 

人見知りを克服したいと考えている人は“身近な人から”“陽気に挨拶”を試してみるといいかもしれません。

文/内田裕子
参照/貴島明日香公式YouTube「【神回】武井壮さんに貴島明日香がガチ相談! 恋愛の神回答は…?【スナックあすか】」https://www.youtube.com/watch?v=hZvedfV_oH8
参照/勝間和代公式YouTube「Q&A 勝間和代さん、人見知りの克服方法を教えて」https://www.youtube.com/watch?v=aKN7v1ECfnU

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【その他】その他の記事

その他
もっと見る