コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

繊細な人が「私なんか」の自虐自慢につき合わずに済む方法

コミュニケーション

2021.09.18

sensai_私なんか_サムネイル

「私なんか全然可愛くないのに、彼がすごいヤキモチ焼きで困っちゃう」

 

こうしたセリフに

 

「そんなことないよ〜、Aさん可愛いもん。彼もヤキモチ焼いちゃうよね〜」なんて返しながら、モヤモヤしてしまった経験はありませんか?

 

『繊細な人 鈍感な人』著者であり、心理カウンセラーの五百田達成(いおたたつなり)さんによると、モヤモヤするのはこのセリフが「自虐自慢」だからだそうで —— 。

自虐自慢にモヤモヤする訳

自虐自慢とは、自虐を交えることで、自慢をやわらげてすること。

 

「可愛くない」と自虐しつつ「彼氏がいる」ことを自慢するのも自虐自慢です。

 

こうしたトークには、「ストレートに自慢をして角が立つのを避けたい」という心理が働いています。相手に自慢をする嫌味な奴とは思われたくないけれど、自慢したくて仕方がない!そんな気持ちがこのような言い回しをさせるわけです。

 

いったん「可愛くない」と自分を下げつつ、「モテる」アピールをしているわけで、結局のところ「すごいでしょ?」という気持ちが透けて見える。

 

だから、周囲の人はどこか気持ちがすり減ってしまうのです。

 

さらに繊細な人は、相手の言って欲しいことを敏感に察知してしまうので、「そんなことないよ〜」とつい無意識に相手をフォローしてしまいます。

 

このフォローは半ば強制的に言わされているようなものなので、モヤモヤしてしまうのです。

「フォローしたくない自分」に気づこう

気持ちがモヤモヤしたときは、その正体を突き止めることが大切です。

 

何事も得体の知れないものには恐怖を感じますが、正体がわかれば大したことはなかった、と感じることって多いですよね。

 

今回のケースで言えば、「相手をフォローしたくない自分」に気づくことが重要。自分の正直な心を知るだけでも、モヤモヤが解消されてスッキリしますよ。

sensai_私なんか

そのうえでおすすめなのが、自虐部分ではなく自慢部分に大げさにのっかること。

 

「ヤキモチ焼かれるなんてうらやましいー!」「いいねーラブラブで!」なんて、冗談めかして持ち上げると、さすがに相手も恥ずかしくなって「いや、そんなことないけど(ごにょごにょ)」と引き下がってくれますよ。

 

やさしい相槌を続けていると、いつまでも自虐自慢を聞くはめになります。ズバッと褒め殺して話題を終息に導くのが必勝法です。

監修/五百田達成(いおたたつなり) 取材・文/上野真依 イラスト/りゃんよ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【その他】その他の記事

その他
もっと見る