コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

本音だけでは角が立つときの賢い“自分の偽り方”

コミュニケーション

2020.07.23

友達の作品が世に出ると知ったらとても嬉しいですよね。しかしお祝いしたいという気持ちがある一方で、興味のないものを買うのはちょっと…という人も。ネット上では、“義理買い”について様々な意見が飛び交いました。

相手の気持ちを考えたら買った方がいい?

話題となったのは、ハンドメイド作家の友人を持つ女性の悩みです。ある日彼女は久々にその友人と食事へ出かけたそう。その際に友人から「今度自分の作った商品が販売されるから、ぜひ買って欲しい」と頼まれたと言います。「友人のことを祝ってあげたい気持ちはあるが、正直家で使わないものなので購入は悩む」と心情を吐露しました。

 

彼女の書き込みに対して「直接頼まれると買わざるを得ないよね」「私の家にも一度も使わず棚にしまったままの友達の作品があるな…」などと共感する人が続出。一方で「友達が初めて出品する作品なら、興味がなくても記念に買ってあげるけどな」「物に興味はなくても友達の頑張りを評価してお金を出すよ」という声も上がっています。

 

友達として相手を応援することを第一に考えるなら、多少の我慢が必要、という考え方の人が一定数いるようです。

 

>>NEXT 義理で買わない方が“真の友情”に繋がる?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【その他】その他の記事

その他
もっと見る