コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ご褒美作戦は意味がない…自主的に勉強する子供は何が違うのか!?

子育て

2019.09.17

2019.12.13

20190521kodomo01

「宿題をしなさい!」が口癖になっているお母さんは今も昔も数多くいますが、あまり叱り過ぎると子どもが「今やろうと思ってたのに…」とやる気を失ってしまうことも。一体勉強をしない子どもは、どうやったら机に向かってくれるのでしょうか。

子どもに勉強をやらせるには?


以前ネット上で小学校低学年の息子を育てているお母さんが、「子どもが全く宿題をやらない!」という悩みを告白。あまりに勉強をやらないためご褒美などでやる気にさせようとしたのですが、全く効果なしだったため「どうやったら子どものモチベーションを上げられるの?」と相談を投げかけていました。

 

これに世の保護者たちからは様々なアドバイスが。まず多いのが「子どもと一緒に勉強してみては?」という声で、「資格取得が趣味で勉強してたら、子どももいつの間にかやる気になってた」「『勉強をしろ』ではなく、『見てあげるから一緒に勉強しよ?』って声をかけるといいかも」といった声が寄せられています。

 

その他にも「勉強をやらないのは苦手意識があるからじゃない? 一回つきっきりで“勉強のやり方”を教えてあげるといいかも」「根本的に勉強を好きにさせる努力が必要。うちの場合は漫画で勉強できる教材で興味を持たせてた」「どんな作戦を立ててもやらない子はやらないから、滅茶苦茶怒って無理やりやらせるのも1つの手段」などの助言が。子どもの性格によってもモチベーションを上げる方法は違うので、子どもに合った方法を選択できるとよいですね。

 

>>NEXT そもそも“ご褒美作戦”って効果があるの?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る