注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもの熱が37.2度「登園させる? 休ませる?」ビミョーなときの判断基準

子育て

2019.04.09

子どもが小さいうちは、ちょいちょい熱を出すことも珍しくありません。発熱で登園できないとなると、子どもの体調も気になるけれど、働くママとしては仕事や職場への影響も心配です。「登園させるか? 休むか?」の判断がしづらい〝ビミョーな熱〟のとき、ママたちは何を基準に判断しているのでしょう?

 

子ども本人にも確認して判断します(さおりさん/38/公務員)

ピンピンして走り回っているのに、体を触ったらなんだか熱い…なんてことはしょっちゅうです。息子の場合、翌朝には平熱に戻ることが多いので、とりあえず体温を測って、微熱なら特に対処はせず様子を見ています。

さすがに37度も後半になれば病院へ連れていくことも検討しますが、前半なら保育園にも登園させます。保育園はには「37.5度以上は預かれない」という決まりがあるので、それ未満なら問題ないのかなと思っています。

ただ、必ず本人に「今日は保育園に行けそう?」と確認しています。ほとんどは「大丈夫! 行く!」という返事のときは心配せずに送りだしていますが、たまに「ちょっとフラフラする…」なんて言われることもあって。

shutterstock_254328649

気分で答えていることもあるので、念のため「今日の給食はカレーだけど?」とか、お楽しみを伝えてみたりして(笑)。それでも「うーん…お休みする」と言う場合は、子どもの意見を尊重して休ませていますよ。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る