コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

我が子の勉強嫌いは、親の関わりで変えられる!やるべきこと・やるべきではないこととは?

子育て

2019.04.15

174-1

 

子どもを持つ親にとって、頭を悩ませやすいのが「勉強面」です。「うちの子本当に勉強嫌いで……」なんて語るママも、少なくありませんよね。しかしこれから先、どんどん勉強が難しくなっていくことを考えると……「本当にこのままで良いのかしら?」なんて、不安になってしまいます。

実は子どもが勉強嫌いで悩んでいるときには、親として「やるべきこと」と「やるべきではないこと」があることをご存じですか? 両者をきちんと知っておくだけで、子どもの勉強嫌いを克服できる可能性もアリ! 具体的なポイントをお伝えします。

 

■子どもを勉強嫌いにさせる原因を知ろう!

子どもはもともと、「学ぶこと」が好きな生き物です。子どもが持つ好奇心は、大人にはないもの。また自分の好きなことは、抜群の吸収力でどんどん飲み込んでいく点も、子どもならではの特徴と言えます。

本来子どもにとって、「これまで知らなかったことを知る」勉強は、楽しく、好奇心をくすぐるものであるはずです。勉強嫌いの子どもにとって、この前提が崩れてしまっている裏には、以下のような原因が潜んでいる可能性があります。

・生活リズムが乱れている
・忙しすぎて、勉強する意欲が生まれない
・勉強しても、わからない
・周囲から勉強を強要されている
・勉強する意味がわからない

子どもの勉強嫌いを克服するために、親がやるべきこと、やるべきではないことは、すべてこれらの原因を取り除くための行動となります。

では早速、「やるべきこと」からチェックしてみましょう。

 

■勉強嫌いな子どものために、親ができること

勉強嫌いで手を焼いているパパやママは、決して少なくありません。「なんとかしなきゃ!」と思えたら、それは大切な最初の一歩です。できることから、少しずつスタートしていきましょう。具体的な行動内容は、以下のとおりです。

★子どもの「わからない」ポイントを押さえる

子どもが勉強嫌いになる理由として、非常に多いのが「勉強してもわからないから」というものです。つまり、もっと前の段階でつまずいているにも関わらず、どんどん先へと進んできてしまったために、もうどうしていいかわからない!というわけですね。

まずは親が、子どものつまずきポイントを把握しましょう。現代では、動画やインターネットを通じて、つまずきやすいポイントを、わかりやすく解説してくれるようなコンテンツも充実しています。一緒に確認し、一つ一つつぶしていくことが大切です。

★生活リズムを管理する

人間の学習意欲が生まれるのは、生活リズムが整っていて、心身ともに健康であるときです。寝不足や栄養の偏りなどが発生している状況では、落ち着いて勉強するのは難しいでしょう。

子どもが小さい頃は、寝る時間や起きる時間、食事の時間など、生活リズムを整えるのは親の役割です。

★習い事など、子どもの負担を整理する

毎日習い事へ行った上で宿題をして、さらに自主学習もしよう!と思うと、単純に時間が足りないことも考えられます。大人よりも体力の少ない子どもにとっては、非常につらいスケジュールになっているケースも少なくありません。

疲れ切っているときに、新たに勉強しよう!と思うことは、大人であっても難しいこと。子どもの負担が大きすぎる場合は、思い切って整理するのも良いでしょう。

★広い視点で「勉強」を捉え直してみる

勉強とは、何も教科書とノートだけを使って行うものではありません。「ケーキを子どもにカットさせる」と、分数や面積、円や角度の勉強になります。夜空の星から星座を見つければ、それは立派な理科の勉強です。実は勉強嫌いを克服するきっかけは、日常生活の至るところに存在しているのですね。

親にとって大切なのは、子どもの興味・関心を正しく把握することです。それに沿った「座学以外の生きた学習」を積極的に取り入れることで、自然と学習に興味を抱いていくはずです。

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る