注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【小学生の夏休み】祖父母宅への「長期お泊まり」子どもに教えておきたいこと

子育て

2019.08.02

長い長い夏休み、おじいちゃんおばあちゃんから「お泊りにおいで」なんてお誘いがあると、子どもだけでなく、ママも嬉しくなっちゃいますよね(笑)。とはいえ、しばらく親元を離れるのはちょっと心配ですが、新しい経験に挑戦するいいチャンス! 親が事前にしておくべき準備と、子どもに教えておきたいことをききました。

 

 

 

iStock.com/kohei_hara

お礼はとにかく丁寧に(穂香さん/40/会社員

小学2年生の娘。大体のことは1人でできる年齢になりました。夏休みはいい機会ですし、祖父母宅へ半月ほどお泊りに行くことになったのです。「ラッキー!」と心のなかで喜びつつ、「半月もお邪魔するとなると、万全に準備せねば」と気を引き締めました。

まず考えるのは、やっぱり手土産です。いろいろ悩みましたが、祖父母も娘もどちらも喜んで食べられる王道の「洋菓子の菓子折り」にしました。そして食費や娯楽費として、お金も少し渡すことに…結局「必要ないよ」と受け取ってもらえませんでしたが。

そして楽しいお泊まりが終わり、娘が自宅に戻ってきたら、すぐにお礼の手紙を送りました。そのときに祖父母宅で娘が撮った写真も添えたら、とても喜んでもらえましたよ。その様子を見て、ホッとしています。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る