注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

いまどきママたちの〝井戸端会議〟なに話してるの? ダークな実態を聞いた!

子育て

2019.05.14

井戸端会議の語源をご存知ですか? Goo辞書によると「近所の女たちが水くみや洗濯などをしながら、人のうわさや世間話をすることをからかっていった語。転じて、主婦たちが家事の合間に集まってするおしゃべり」とのこと。いったい何を話しているのか、どうしてあんなに長いのか? 「現代版・井戸端会議」の実態をママたちに取材しました。

 

■他人の家をネガティブに想像(裕子さん/35/パート)

shutterstock_633470375 (1)

私が知る限り「井戸端会議=他人の家を詮索する場」。ママたちが集まって「あの家はこうだろ、ああだろう」と勝手に想像して楽しんでいるんです。なのであまりポジティブな内容はないように感じます。

たとえば、子どものいない夫婦がいれば「どうして子どもができないんだろうね」から始まり、「不仲なんじゃないの?」「夫婦どちらかに問題があるんじゃない?」となり、最終的には「子どもがいないなんて、かわいそうな家よね」と落ち着きます。

さらに、「○○さんのご夫婦が、この前喧嘩していたらしいわよ」という話題になれば、「絶対旦那さんの浮気よ!」「ああ見えて○○さんも相当な男好きらしいから、わからないよ〜」となり、「離婚も目前ね!」という結論に至ります。

毎日毎日道端に集まり、何時間も立ったままこんな話…いったいどこがおもしろいんでしょう。私には、まったくもってさっぱりです。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る