注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

小児科を卒業したら付き添い不要と言い切れない理由

子育て

2020.08.07

20190426tuuin01

子どもが風邪を引いた、熱を出した、ケガをした…。様々な理由で病院に子どもを連れていく機会があると思います。ところで、親はいつまで子どもの診察についていくものなのでしょうか。

 

診察に同伴しなくなるタイミングは?


大学生の子どもを持つある女性は、子どもの診察についていくべきか悩んでいました。彼女によると口内に違和感を覚えた子どもが歯科医に診てもらったところ、「大学病院で精密検査をした方がいい」と紹介状を託されたそう。

 

子どもから紹介状を渡された彼女はふと、「子どもの診療に親はいつまでつき添うものなのか疑問に思った」と言います。ちなみに彼女自身は両親が放任主義だったこともあって、小学校高学年の頃から1人で病院へ。高校時代に手術を受ける時も1人で手続き・入院したそうで、「一般的な感覚が欠落していると思う」と明かしました。

 

ただ今回ばかりは精密検査を要請されるほどとあって、診察結果の又聞きでは不安が残るとのこと。そこで彼女はネット上で、「年齢や症状などによって変化するとは思いますが、皆さんはつき添いについてどうされていますか?」と質問。すると大きな反響を呼び、「気づいたら1人で行かせるようになってた…」「確かに“何歳まで”とは考えたことがなかったなぁ」といった声が寄せられています。

 

>>NEXT 子どもが心配ならつき添うべき!

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る