コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

既婚者へのボディタッチ…“既婚者を気安く触る女性”の特徴とは

子育て

2019.05.07

2021.05.27

communication201905

よく飲み会などでは“やたらとボディタッチをする女性”を見かけますが、触られている相手が自分の夫だった場合どのように思うでしょうか。最近ネット上では、「他人の夫にボディタッチをする女性」について様々な意見が寄せられていました。

既婚者へのボディタッチは厳禁?


議論のきっかけになったのは、とある女性ネットユーザーの投稿。彼女の知り合いには既婚者の男性に気安くボディタッチをする人がいるようで、「どうしてそういうことするの?」と疑問を呈していました。

 

これにネット上では「本当に距離感が近すぎる人とかもいるけど、大体はわざとだと思う」「マウンティングじゃない?“既婚者からも好かれる自分”をアピールしてるんでしょ」「本気で浮気を狙ってる人もいそう」「男女隔てなく触る人はまだいいけど、男性だけの場合は黒」といった指摘が。

 

また「これヤバいなって思ったら、『それ癖なの?』ってやんわり注意するといいよ」というアドバイスもされていました。

 

一方で「気にしすぎじゃない? そんなことで浮気する男性なんていないでしょ」「軽いボディタッチくらいなら許せる」という声も。その他「ついボディタッチをしてしまう」という人からは、「肩をポンポンして話すのが癖だから、多めに見てほしい」という意見が寄せられていました。

ボディタッチが苦手な男性も?


“距離感が近すぎる女性”については、以前放送された『女が女に怒る夜 2019年愚痴始めSP』(日本テレビ系)でも話題に。タレントのMEGUMIさんが、彼女持ちの男性の肩をトントン触って会話する女性に苦言を呈していました。

 

番組でMEGUMIさんは「死ねばいいと思います」とまで言っており、相当腹が立っている模様。共演者の女性からも、「すごいわかります」と共感の声が上がっていました。

 

そんな中で司会の上田晋也さんは、ゲストの片寄涼太さんに「距離感の近い女とかいるじゃん。そういうのに結構ダマされがち?」と質問。すると片寄さんは、「やだなと思います」「『初対面とかでその距離ないだろ』っていうのはありますよね」とバッサリ否定しています。

 

肩を“トントン”されるのもあまり好きではないようで、「トントンでマイナス加算されます」と告白。どうやら男性の中にも、親しくない女性からのボディタッチが苦手な人もいるようです。

 

そんな片寄さんを女性陣は「いいね!」と称賛。視聴者からも「こういう男性は信用できる」「好感度が上がった」「ボディタッチしてくる人にデレデレしない男の人っていいよね」といった声が上がっていました。

“女性に嫌われる女性”がやりがちな行動とは?


他人の夫や彼氏にやたらとボディタッチをしてくる女性以外にも、“女性に嫌われる女性の行動”は少なくない模様。ネット上では「やたらと既婚者の男性に“相談”をしてくる女性は要注意。

 

そこから浮気に発展するのはよくある話」「逆に他人の夫を悪く言う人も嫌だな。自称サバサバ系女子に多い」「バレンタインで既婚者の男性に手作りチョコを渡す人もどうかと思う」などの行動が挙げられていました。

 

ちなみに『女が女に怒る夜 2019年愚痴始めSP』では、田中みな実さんが要注意な女性について言及。「距離感がおかしい人って“妹系の女”っていうのもいて、友達の彼氏や旦那さんとかに『妹分だから!』みたいな感じで近寄っていく女の子がいるんですよ」と語っていました。

 

どうやら男女の仲を感じさせない“妹分”というワードを免罪符に、他人の夫や彼氏と親密な関係になる女性がいるとのこと。これには世の女性からも、「確かにそういう女いるわ」「自称“妹キャラ”は本当に見ててイライラする」と共感の声が上がっています。

 

やはり既婚者の異性への接触は、少し慎重にならないといけない模様。自分が“女性に嫌われる女性”にならないためにも、適度な距離感を保ちたいところですね。

 

文/河井奈津

 

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る