コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「育児に参加」の言い方が嫌い!? 俳優・岡田義徳さんの育児論に共感の声

子育て

2021.03.31

これまで数多くの映画やドラマ、舞台などに出演してきた俳優の岡田義徳さん。今年2月に自身のInstagramで第二子の誕生を報告しており、約1か月後には“働く男性の育児”に対する思いを明かしていました。

共同育児で支え合うべき!?

3月4日に更新された投稿を見ると、

育児とは楽しいですが、
大変な事で、
男は仕事で外に出がちです。
働いているから疲れてるとか、
働いているから家の事はとか、
本当言わないようにと俺は決めてます。

といったコメントが。仕事を言い訳にしない理由について「仕事をしている方が、子どものお世話をするよりもよっぽど楽だから」と自身の考えを綴り、「育児に参加という言葉が嫌いで、参加という他人行儀でなく、共同育児で当たり前」という持論も展開しています。もちろん家庭によって事情は異なりますが、岡田さんは常々、“ママに育児や家事を任せっきりにしたくない”という思いでいるようですね

ママたちの苦労を代弁!?

「共同育児が当然」と言う岡田さんですが、子育ては非常に苦労しているようで

子供は自分の思ったように行くことなんて絶対ない、
食べて欲しいときに食べてくれないし、
寝て欲しいときに寝てもくれない、
上手くいかなくて当たり前といつも思い、
自分が待てるように心を広くもつように言い聞かせてます。

と大変さを実感している様子でした。ちなみに同投稿の最後には、

いや、お父さん方、
育児をしてるお母さんは凄く肉体的にも精神的にも疲れてます。
程よく、ケアして、
一生にほんの少しの時間頑張って、
一緒に育児を楽しみましょうね。

という“世のパパたちに向けたメッセージ”も。ネット上ではママたちから「岡田さんの立派な考え方に感動した…。本当に共同育児って大切だと思う」「岡田さんのように育児の大変さを理解してくれるパパがいると、日々の努力が報われた気がする」など称賛の声が上がっており、男性陣からも「これからは『育児に参加する』という他人行儀な考え方を改めます!」「夫婦で子どもを育てる以上、仕事を言い訳に育児を全くしないのは良くないよね」といったコメントが寄せられていました。

子育てでの反省エピソード!

“理想的なパパ”とも言える岡田さんですが、3月5日に公開したInstagramでは「二人の寝るタイミングが上手くいかずイライラしちゃいそうな日が沢山あります」と告白。育児に関する悩みをあげていたので、さっそく見ていきましょう。

 

岡田さんは先日、上の子が寝る時間になっても寝ようとしないため、少し強い口調で怒ったそうです。すると怒られた子どもは大泣き。「その日は、怒った自分の小ささ、情けなさ、などで眠れませんでした」と説明しています。

 

そこから反省した岡田さんは「ただ自分の予定に合わせるのではなく、子どもにも予定があるんだって理解しようと思いました」と綴っており、「やはり、笑顔が一番良い。どんな時も力になりますから」とコメント。子どもへの気遣いや愛情を感じられるエピソードでした。

 

岡田さんの考え方はパパはもちろん、ママにも参考になりそうです。育児においても、思いやりや気遣いを忘れないようにしたいものですね。

文/長谷部ひとみ
参照/岡田義徳「yoshinori_okada_44」https://www.instagram.com/p/CL-wR5KjiJU/

岡田義徳「yoshinori_okada_44」https://www.instagram.com/p/CMYU34AjIZE/

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る