コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ココリコ遠藤さんの妻が綴る「子連れ買い物の現実」に共感続出

子育て

2021.03.02

親子で買い物に行くと、子どもが予想外の行動をとって困ることもありますよね。ココリコ遠藤さんの奥さんは、今年1月に「子連れ買い物のリアル」というタイトルのブログを投稿。多くのママから共感の声を集めています。

子どもは逃走するし、お菓子を選ぶ時間が長い

事の発端は奥さんが2人の子どもを連れて買い物へ出かけた時。

4才と3才の年子を連れての
スーパーへの買い物
1人だとすぐ終わるのに、、
倍以上の時間がかかって
想像以上にヤ・バ・イ

と汗たっぷりの顔文字つきで、買い物の大変さを綴っていました。

 

さらに買い物に時間がかかった原因として、お子さんの想定外な行動を列挙。「ママの側から離れようとする とゆーか、逃走する」「お菓子を選ぶ時間が長い」とやんちゃな子どもに振り回された様子を赤裸々に語っています。

 

ブログを読んだママからも「ちょっと目を離すとどこかに行っちゃうから困るよね」「うちの子は『帰るよ』って言っても、お菓子コーナーから全然離れてくれない…」などの声が。子どもと一緒に買い物へ行く度に頭を悩ませるママは少なくありません。

店内で兄弟喧嘩が勃発して…

時間がかかる以外にも“子連れ買い物”には苦労が多数。ブログでは「買う予定が無い物を触る」「急に兄弟喧嘩勃発する」と、お店や他の人の迷惑になってしまうトラブルも挙げています。

 

他にも「子どもを気にしてばかりで毎回何か買い忘れる」と述べ、お子さんの面倒を見ながら買い物するのはかなり辛い様子。記事の最後は、

スーパー行くだけで
すんごい疲労感

これが
我が家の買い物スタイル

と締めくくられていました。

 

そんな遠藤さんの奥さんに対して、コメント欄では「先にお菓子を買ってあげると大人しくなるよ」といったアドバイスが。「私は子どもが小さいうちはスーパーの宅配を利用するようにしてた」「旦那にも協力してもらって、どちらかが買い物してる時は子どもを公園とかに連れて行ってる」など様々な案が寄せられています。

けっこう困るトイレの問題

子どもと買い物に行くとハプニングが多いものの、なかには大変さをわかっていて助けてくれる人も。以前公益財団法人児童育成協会が実施した「『子ども連れ外出』のインターネット調査」では、外出先の嬉しかった経験について質問していました。

 

女性から最も多かった回答は「子どもをあやしてくれた、話しかけてくれた(52.4%)」。次いで「バスや電車内で席を譲ってくれた(46.8%)」「スーパーでカゴを運んでくれた(41.2%)」という声が上がっています。

 

一方、外出時に困ったことへの問いには、「子ども連れで楽しめるお店や場所が少ない」「買い物やトイレの時などに子どもを一時的に預かってくれるところがない」などのコメントが。「子どもと一緒にベビーカーごと入れるトイレが少ない」という意見もあり、環境面で買い物しづらいと思う人が多々見られます。

 

なかなか一筋縄ではいかない子連れ買い物。子どものしつけはもちろん、行く店なども上手くリサーチすれば親子で楽しく買い物できるかもしれませんね。

文/長谷部ひとみ
参照/ココリコ遠藤嫁オフィシャルブログ「子連れ買い物のリアル」https://ameblo.jp/kokoriko-endo-yome/entry-12648405984.html

参照/公益財団法人児童育成協会 「子育て中の親の外出に関するアンケート調査(2019年度)」https://www.kodomono-shiro.or.jp/cms/wp-content/uploads/2020/04/research2019.pdf

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る