education201812
戦後の家制度の崩壊に伴って、内孫・外孫という呼び方も最近ではあまり聞かれなくなり、長男家の男子の孫だけに節句のお祝いをする・財産を残す…といった話は少なくなりつつあります。 しかし、祖父母にとってはみんな平等にかわいいはずの孫に対し、あまりにも待遇が異なるという別の形の「孫差別」を受けたというママは多く、ひそかに問題になっているといいます。 今回は、実際に差別を受けたという体験談と、なぜ祖父母はそのようなことをしてしまうのか、そしてわが子を傷つける「孫差別」に対してママやパパにできることは何か…考えていきたいと思います。

 

うちはこんな「孫差別」を受けた!ママの実体験


まずは、実際にママたちが「これって孫差別では?」と感じた出来事を話してもらいました。

 

「わが家と夫の姉一家は、祖父母の家からはほぼ同じくらいの距離に住んでいます。たしかに、義姉の方がひんぱんに家を訪れたり、子どもを預けたりしているので、義母にとってはあちらの孫がかわいいのだと思いますが、ちらっと聞いたところによると、1年年下のあちらの長男には、ベビーカーとチャイルドシート、バウンサー、ブランド物のベビー服がお祝いだったとか。1年前にいただいた出産祝いはスーパーのベビー服上下セットでした…。豪華なモノが欲しいわけじゃないですが、差がありすぎではと少し悲しいです」Uさん(29歳・6歳と4歳のママ)

 

「義父母は、夫の妹夫婦の子には誕生日やクリスマスにプレゼントを贈るのですが、うちの子には誕生日のプレゼントどころかお祝いの電話もありません。こちらはもちろん義父母の誕生日や結婚記念日にはお祝いしていますが…。しかも、私の親がプレゼントをくれたことを聞くと、うちの孫なのに勝手なことを!と気を悪くします。お金は使いたくないけれどプライドは傷つけられたくないのか、私や子どもが憎くていい思いをさせたくないのか…理解に苦しみます」(Sさん・35歳・3歳のママ)

 

「義父母は、表面上は同じ扱いをしてくれているつもりだと思います。でも、いとこ(姉夫婦の子)たちを呼ぶ時の声とうちの子たちを呼ぶ声は全然違うし、そもそもあまり声もかけないですね。外食する時も、当たり前のようにいとこたちの希望だけ聞きます。そして極めつけは、いとこたちとしょっちゅう名前を間違われること。あまりうちの子たちが頭の中にないのだな、と分かってしまいます」(Yさん・30歳・7歳と3歳のママ)