メイクが好きな女性ほど、目元には力が入るもの。でも、35歳以上の大人女性が目元をバチバチに縁どっていると、あきらかな若づくりメイクになってしまいます。 大人の目元を美しく見せるにはどうすればいいのか、ヘアメイクアップアーティストの赤松絵利さんに教えていただきました。

 

《取材協力》赤松絵利さん ヘアメイクアップアーティスト。ヘアサロン「ESPER」オーナー。〝自分らしいかわいい顔、自分らしい美人顔〟を追求し、蒼井優、綾瀬はるかほか、多くの女優やモデルなどのヘアメイクを手がける。テレビ、舞台、雑誌、広告など多方面で活躍。著書に『世界一シンプルなナチュラルメイクの教科書 自分に一番似合うメイク&ヘアがひと目でわかる』(講談社)がある。

 

くっきりアイラインは、大人の顔には似合わない

 

「黒いアイラインで目元をくっきり縁どるのは、いまの時代にはトゥーマッチかもしれません。若い子であっても過剰に見えるので、年齢を重ねた女性ではなおさらです。 アイラインで目を大きく見せてかわいくなろうとするより、清潔感や透明感を重視したほうが、素敵な大人に見えます。ビューラーでカールさせるのも同じで、大人はあまりやらないほうがいまっぽいかなと。  いかにも頑張っている感じではなく、〝らしくいる〟女性が魅力的な時代だと思うから」(赤松さん)

 

PIXTA/Pangaea 

 

たしかに根元からがっちりカールして、アイライン+繊維入りマスカラで仕上げていると、まるで美魔女のようになってしまいますよね。ひじきみたいなまつ毛は、清潔感や透明感、繊細さからもほど遠い印象です。 でも、目元の美しさはやっぱり大事。年齢とともにまぶたがたるみ、ぼんやりと見えるのも悩みです。その悩みを解消し、目元を美しく見せるにはどうすればいいのでしょうか?  「〝目は口ほどに物をいう〟というくらいですから、たしかに目元は大事なんです。いかにも〝塗ってます〟感のあるアイラインとかでなく、マスカラを上手に使いましょう」(赤松さん)