『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)や、『THE DANCE DAY』(日本テレビ)の出演で、いま注目を集めるダンサーの藤井創太さん。天才棋士の藤井聡太さんと同姓同名の一文字違いですが、ダンス界の藤井創太さんも「100年に1人の天才」と言われるほどの実力の持ち主です。

藤井創太さん

今回は、そんな藤井さんの社交ダンスとの出会いから、小5で世界チャンピオンになるまでの経緯をお聞きしました。

小1で始めた社交ダンス 毎日通うほど夢中に

── 社交ダンスというと、年配の方が楽しむダンスというイメージがありますが、始めたきっかけは?


藤井さん:

先に社交ダンスの教室に通っていた幼なじみに誘われたのがきっかけです。ちょうど家から歩いて10分くらいの距離に教室があって。

 

── (撮影時に)踊っている藤井さんを拝見して、身のこなしの素晴らしさに目を奪われました。ほかにもスポーツの経験はあるのですか?


藤井さん:

僕はダンスは得意だけど、運動神経が並はずれているわけじゃないんです。関節を動かしたりできるのは、小さい頃からトレーニングしているからだと思います。

 

── 「とりあえず始めた習い事がなかなか上達しない」という悩みはありがちですが、藤井さんの場合はうまくハマったんですね。


藤井さん:

そうですね。ダンスの場合はまず、個人レッスンが受けられる環境じゃないと、最初は馴染みにくいと思います。あとは、同年代と一緒に習うことができる環境が必要。教室に仲が良い友達がいて、お互いに支え合えたのは大きかったです。

藤井創太さん
激しい筋トレはしないという藤井さんだが、決めポーズのブレなさはさすが

── 「レッスンに行きたくない」ということはなかった?

 

藤井さん:

子どもの頃は、レッスンが嫌で行きたくないと思ったことは一度もなかったですね。人見知りだったので最初は緊張していたけれど、先生も優しかったし、すぐに馴染めました。最初は週1、2回だったのが、小2になるとほぼ毎日通うようになっていました。

 

── ダンスはステップなど基礎を覚えるのがとくに難しく、挫折する子も多そうです。どのように克服しましたか?

 

藤井さん:

「ダンスがつまらない」と思わせないレッスンだったんですよ。最初は遊びの感覚でやっていたから続いたのは間違いないです。

 

ちなみに僕は社交ダンスの教室で、バレエのレッスンも受けていました。バレエの基礎って、どのダンスにもおいても共通する大事な要素なんです。正直、面白くないと感じたこともあるけれど(笑)。その経験がないと、トップには行けていなかったかもしれません。

 

── 小学校低学年の男の子がダンスを習っているというのは、当時は珍しかったのでは。周囲にからかわれたりしなかったのでしょうか?


藤井さん:

僕の周りにはたまたま、そういう子がいなかったんですよね。それもあって、ダンスが嫌っていう感覚はなかったです。教室に行けば、踊ることが好きな子が集まっているので、純粋にダンスのレッスンを頑張れました。

 

── 初めて競技大会に出場したのは何歳のときですか?

 

藤井さん:

社交ダンスを始めて2、3か月後には、「最初の試合に出てみよう」と声を掛けてもらいました。ダンスの先生が、ダンスを続けるには目標がないと続ける意味もないっていう考えだったんです。だから、僕も自然と「試合出てみたい」と思っていました。

 

最初の試合は、臨時パートナーと組んで出ました。ダンスを辞めなかったのは、社交ダンスが自分に合っていたのだと思います。