コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

縁のない淡路島で人生リセット…ひとり親が幸せを手繰り寄せるまで

仕事

2021.09.26

2021.09.28

パソナ 小林さん

離婚しよう…そう心に決めても、なかなか行動に移せない理由の一つが「お金」の問題です。結婚・出産を機に仕事を辞めたり、パート勤務などにキャリアダウンした人にとっては、特に一大事です。

 

今回取材したのは、離婚を考えはじめた時期に自分に合った求人を見つけ、今は淡路島でお子さんと充実した毎日を送る、株式会社パソナグループ アドミ本部 グループアドミ部 オペレーション室の小林千紘(ちひろ)さん。悩み抜いた日々から一転、笑顔で暮らせるようになった理由を探りました。

縁もゆかりもなかった淡路島で人生をリセット

── ここ淡路島に移住されてまだ日が浅いそうですね。経緯を教えていただけますか?

 

小林さん: 

現在私は37歳で、2歳半の娘がいます。33歳で結婚して、娘を出産するまで歯科衛生士として働いていました。

 

昨年夏ごろに離婚を考えはじめたのですが、ちょうどその頃、パソナの「ひとり親 働く支援プロジェクト」の募集を偶然見つけ、応募しました。11月に内定をいただき、離婚も成立。年明けすぐに淡路島に移住してきて、7か月ほど経ちました。

パソナ 小林さん

── これまで縁のなかった淡路島に移住することは、抵抗はありませんでしたか?

 

小林さん: 

私は滋賀県出身で、結婚後は岐阜県に住んでいました。どちらも比較的都会に近い田舎で、暮らしやすかった。もともと都会があまり好きじゃないんです。それに、いま実家は京都にあるのですが、父が他界したあと母は叔母と住んでいることもあって、私が同居するのは現実的ではなくて。

 

それで、せっかくなら自分が住みたいところに住もうと思いました。馴染み深い関西圏で、かつ都会に近い地方で、そして昔からの夢だった海のそばがいいなと考えていたところに、この応募を見つけ、「私のことやん!」と(笑)。

 

迷いはまったくありませんでした。元来の「住めば都」と思える性格が幸いしたかもしれません。

今まで未経験の職種にチャレンジ「生きる強みにしたい」

── 離婚を考えたとき、まず何をしましたか?

 

小林さん:

パートナーとうまくいかず離婚を考えはじめたときに、まず準備しなくてはと思ったのが住居と仕事でした。当時は専業主婦だったので、娘とふたりで生きていくための住まいと仕事が必要だったんです。

 

大事にしたかったのが、「住みたいところに住もう」「子どもとの時間を大切にできる仕事を探そう」ということでした。

 

最初は歯科衛生士の募集も見ていたのですが、勤務が終わるのはたいてい20時を過ぎてしまいます。そんな時間まで預かってくれる保育園はあるのかな、時短だと正社員は諦めなければいけないのかな…などと、心配も多くて。

 

そんなときに、パソナの「ひとり親 働く支援プロジェクト」の募集を見つけたんです。正社員で安定した給料と、家賃補助や子どもの預かりなどの福利厚生が整っているだけでなく、シングルマザーの状況や心境を理解し、支援してくれる企業姿勢もありがたかったですね。

パソナ 小林さん

── 運命の出会いだったんですね。パソコンを扱う事務仕事の経験はあったのですか?

 

小林さん:

いいえ。会社勤務は初めてでしたし、当時はパソコンに苦手意識もあって…。でも、歯科衛生士だとこのコロナ禍でもリモートワークができませんし、パソコンスキルが身についたら、コロナ禍でも仕事はできるし、自分の強みになるんじゃないかと思って。むしろ、やってやるぞ、と前向きな気持ちでいました。

わが子のためにも「自分がハッピーでいる努力は惜しまない」

── ひとりで子どもを育てるのは、大変なこともあると思います。そんななかでも、自分と子どもが笑顔でいられるために、自分に課しているルールはありますか?

 

小林さん: 

自分自身がハッピーでいることと、そのための努力は惜しまないことです。それがひいては子どもの幸せにもつながると思うので。それと、ひとりで頑張りすぎないこと。悩んでもひとりで抱え込まず、家族や友人、同僚など周りの力を借りるようにしています。

 

もちろん、仕事を探すときの条件の1つだった、子どもとの時間も大切にしています。現在の就業時間は9時~17時半までで、残業はせず、夕方からは家族でゆっくり過ごします。

パソナ 小林さん

── それは素敵ですね!休日はどんなふうに過ごしていますか?

 

小林さん: 

週末に娘を放ったらかしにして家事を頑張ることはしません。それより娘と遊んだり一緒にキッチンに立ったり、ゆったりとした時間をすごしたくて。

 

家から徒歩1分くらいのところに海があるんです。晴れた日には娘と一緒にランチを持って浜辺で食べたり、砂遊びをしたり。夏には海水浴もしました。娘は海までの道をもう覚えてしまって、さながらプライベートビーチです(笑)。

 

島内にはおしゃれなカフェやレストランもたくさんあるので、出かけてみたり、神戸までは車で30分ほどなので、買い物に行くこともあります。ひとり親の同期や同僚たちと、子どもも交えて遊んだりもします。

 

── 離婚を考えたときの願いが叶えられつつあるんですね。表情もとっても晴れやかに見えます。

 

小林さん: 

はい、この就職は大きな転機だったと思います。2020年の1年間は本当につらかった。全然笑えていなかったと思います。パソナの求人を見つけ採用されたことはすごくラッキーでしたし、感謝もしています。

 

── それを手繰り寄せ、最終的に決断したのは、小林さんご自身ですよね。

 

小林さん: 

そう思うと自信につながります!海の近くに住めたことも、本当に良かった。仕事の帰りに立ち寄って、娘と海を見てから家に帰ったりもするんですが、それだけで気分転換になるんです。

 

 

つらい時期を乗り越え、住まいと仕事という安定した状況を手に入れただけではなく、海のそばに暮らすという夢も、わが子との穏やかな日々までも叶えた小林さん。

 

しかるべきタイミングで、自分にとって今必要なもの、大切なものは何かをしっかりと見定め、そのための選択と決断をしてきたからこそ得られたものだと感じました。

 

次回は、歯科衛生士から会社勤務というキャリアチェンジやひとり親としての悩みを伺います。

ひとり親 バナー画像

取材・文/笠原美律 撮影/東郷憲志

KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【就職・転職】その他の記事

就職・転職
もっと見る