2018.07.30

「公立VS私立」高校までの進路選択に失敗しない、最新マニュアル

子どもが生まれて幼稚園入園を考える頃から、公立と私立、どちらの学校に進むかの選択を迫られます。以降続く節目ごとの進路選択で正しい判断をするには、教育費の“現実”を知っておくのはもちろんのこと、公的な支援制度や進学状況なども頭に入れておかなければなりません。事前にそういった調査をせずに、「公立に行っておけばよかった」「私立に行っておけばよかった」と後悔しても後の祭りです。無謀な選択をして家計の悪化を招かないために、また、子どもの明るい未来のためにも、教育費やそれに絡む情報にアンテナを張っておく必要があるのです。

 【写真1】shutterstock_1111966961

 

高校までの教育費は家計で賄うのが前提

 

「大前提として、高校までの教育費は家計の範囲内でやりくりすることを肝に銘じてください」

 

こう語るのは、個人家計の相談に乗り、教育費関連の著書も多いファイナンシャル・プランナーの竹下さくらさん。どういうことでしょうか?

 

「教育費がもっともかかるのは大学です。例えば、私立大学文系学部に自宅外から通う場合、初年度300万円、2~4年目は年200万円程度かかり、総額900万円を超えます(文部科学省などのデータをもとに試算)。ここまでの大金を家計だけでは賄えないため、別途大学のお金を貯蓄などで備えるご家庭が大半だと思います。一方、高校までの教育費は、そこまで大きな金額はかかりません。別途貯めておく必要性は低いので、家計をやりくりして賄うことになるのです」

 

日々の生活費に加えて教育費となると、家計が回っていくのか心配する人も多いと思います。その不安を取り除くには、高校までの教育費をあらかじめ把握しておくことが第一です。また、公立と私立の金額の差を認識しておくことも大切です。

 

下のグラフは、幼稚園から高校まで、1年ごとの学習費(学校教育費+学校教育費+学校外活動費)を公立と私立に分けて示したものです。文部科学省の最新データを引いています。まずはしっかりご覧ください。

竹下先生グラフ

百瀬康司

フリーライター。キャリア20年以上。貯蓄、節約、投資、副業などマネー関連のノウハウとその成功者を数多く取材し、雑誌、Web、夕刊紙、書籍などで執筆を行う。