103-1
行楽の予定を立てていても急な天候の変化で、屋外のイベントは楽しめないということもあるのではないでしょうか。ある程度は天気予報で判断することもできるのですが、1週間以上先の天気というのはなかなか予測もつかないものです。
そういった場合、Bプランとして美術館や博物館など天候に関係なく屋内で楽しめる予定を考えておくと、もしもの時にアタフタせずに済むのではないでしょうか。全国各地にある人気の美術館や博物館を調べておくと、いざというときに有効活用できるかもしれませんね。

■みんなに人気の美術館

家族からカップル、子供から大人まで層を問わず人気となっているのが、東京都三鷹市にある三鷹の森ジブリ美術館です。井の頭恩賜公園の西園にある美術館です。 都心からも近い人気の美術館で、アクセスはJR中央線三鷹駅より徒歩で15分くらいでつきます。玉川上水沿いをのんびり歩いていけば、案内の看板もあるので道に迷うことはなさそうです。また、コミュニティバスを利用すれば5分ほどで到着するので、赤ちゃんや小さなお子様連れの方にもおすすめです。 常設の展示室には普通の美術館とは異なり、1本の映画ができるまでをモチーフとして様々なアイテムが展示されています。 地下にある展示室は80名ほどの小さな映画館になっていて、ここでしか見られないジブリの短編アニメなどが上映されています。
トライホークスと呼ばれる図書閲覧室には館主である宮崎駿とジブリ美術館がおすすめする絵本や児童書がおいてあり、読むことができます。 2階には実物大の猫バス。ではなく、実物よりは小さめの猫バスがおいてあり、小学生以下限定で遊ぶことができるようになっています。屋上には5メートルの大きさのラピュタに出てくる巨神兵が展示されています。美術館というよりはジブリの世界が具現化したような感覚になるのではないでしょうか。 カフェではちょっとした軽食であれば楽しむことができますし、紅の豚に登場する空賊の名称からとったショップ・マンマユートではおなじみのジブリのキャラクターグッズが販売されています。もちろんここでしか販売されていないものも多いので、じっくりとお気に入りのグッズを探してみましょう。 但し、このジブリ美術館はいつでも入れるわけではありません。日時指定のチケットが必要になります。ですから、Bプランということは難しいかもしれません。ちなみにチケットは毎月10日に1か月分が販売されています。人気の美術館ですから希望日があれば早めにチケットを購入しておいたほうがよさそうです。 小さな子どもはもちろんのこと、大人も楽しめるジブリ美術館、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。