20190509tenshoku01
「エン転職」が、ユーザーを対象に「転職を考え始めたきっかけ」についてアンケートを実施。1万人以上のユーザーから、転職活動を考え始めた時の具体的なエピソードや転職に対して抱えていた不安などを聞きました。

 

転職を決めたきっかけは「給与が低い」が第1位!


まず全回答者に、「転職を考え始めたきっかけ」を質問。第1位は「給与が低い」(43%)で、ユーザーからは「給料が30万円を超えるために今の会社だとどのくらいかかるか計算したところ、思ったよりも時間がかかると分かった」(29歳男性)、「役職に就いても忙しいだけで、ほとんど給与も変わらない」(32歳男性)、「7年在籍してもほとんど給与が上がらず、本社に勤めない限り昇進もないから」(34歳女性)という声が寄せられています。
20190509tenshoku02

 

第2位は「やりがい・達成感がない」で、回答した人の割合は40%。投稿されたコメントには、「アシスタント業務で雑用がメイン。暇が多く時間を持て余している」(26歳女性)、「今の仕事に対し、『本当に相手のためになる提案なのか』『自分の都合を押しつけてるだけではないのか』という疑問が離れない」(31歳男性)、「周りの同年代が活躍している中、自分だけが成長せず社会貢献していないように感じている」(35歳男性)などの意見がありました。

 

第3位は「業界・企業の将来性に不安を感じる」(31%)です。「新企画を提案しても通らないことや、社員が経営層のために働いているように見えて将来が不安になった」(24歳女性)、「一族経営で、上司も上の意見をそのまま現場に伝えるだけ。指示の内容に振り回されることが多く退職者も絶えないので、会社の将来に不安を感じた」(25歳女性)、「今後海外展開をしていかなければならないが、経営層が英語すら全く話せない。他国の競業企業に明らかに劣っている点を指摘しても努力しようとしないので、将来は無いと感じた」(36歳男性)といったコメントが寄せられています。

 

20190509tenshoku03
年代別に見ると、20代は「給与が低い」(48%)、「やりがい・達成感がない」(43%)、「残業・休日など拘束時間が長い」(28%)が他の年代よりも高い傾向に。男女別では、女性の1位が「給与」(44%)で、男性の1位は「やりがい」(42%)でした。

 

20190509tenshoku04
次に「転職を考える中で、不安な点・気になる点はありませんか?」と尋ねると、「ある」と回答したのは87%。具体的な不安な点・気になる点トップ3は、「自身の年齢」(56%)、「希望する転職先の有無」(48%)、「面接・選考で上手く話ができるか」(39%)という結果になっています。年代別に見ると、20代は「面接・選考で上手く話ができるか」(53%)、「転職先になじめるか」(44%)が他の年代よりも目立ちました。男女別に見ると、女性は「面接・選考で上手く話ができるか」(46%)、「転職先になじめるか」(44%)が高め。男性とは10%以上の差があり、男女で意識するポイントの違いが明らかになった形です。