兄弟同士で何かと対抗心を燃やして張り合うのは「育児あるある」の一つですが、特に下の子から上の子への「一緒じゃなきゃ嫌!」に悩むママは多いようです。「どうしてお姉ちゃんだけ!」「お兄ちゃんと同じのがいい!」などとゴネる下の子たちの対処に手を焼いたママたち、どう解決したのでしょうか?

 

産まれたときの写真や動画を見て(早苗さん/33/医療事務)

わが家の娘たちは年子。ある程度の年齢になると、体の大きさもご飯の量もほとんど同じです。ところが保育園に通い出すと、姉は年中さん、妹は年少さん。姉だけ遠足があったり、妹は運動会のリレーに出られなかったりと、あらゆるところで〝妹ビハインド〟の差が出るように。 次女にはそれが理解できず、ことあるごとに「なんでお姉ちゃんだけー?!」と絶叫し、駄々をこねるようになってしまいました。 そこである日、長女を旦那に連れ出してもらってふたりきりの時間を作り、次女が産まれたときの写真や動画を見ながらゆっくり話をしたのです。最初は「これ、わたし?」と照れながら見ていましたが、長女が登場したところで「どうして、お姉ちゃんだけ大きいの?」と不思議そうな表情。
shutterstock_411859225
いつも誰かに抱っこされている自分や、姉が自分でご飯を食べている横でおっぱいを飲んでいる自分を見て「お姉ちゃんよりちっちゃいね」と…次女なりに自分が年下だということを納得したのか、それからはうらましがることはあっても、しつこくこじれなくなったんです。自分も大切にしてもらっていたことが分かり嬉しかったのかも、と微笑ましくなりました。