20180725sandaru01

暑い夏のファッションアイテムとして大活躍してくれるサンダル。お気に入りの

1

品を使い回していると、汚れや匂いが気になってしまいますよね。今回はサンダルを長持ちさせるための方法についてご紹介していきましょう。

 

汚れたサンダルを復活させるテクニック


7

3

日放送の『あさイチ』(

NHK

系)では、簡単にできるサンダルのクリーニング術が紹介されていました。履物クリーニングの達人・濱岡裕司さんによると、夏場に気になるサンダルの匂いは“重曹水”を使えば撃退できるそう。やり方としてはまず、小さじ

1

杯の重曹を水

100ml

に溶かしましょう。完成した重曹水をサンダルの表面にスプレーで吹きかけたら、乾くまで放置すれば

OK

。汗や皮脂の汚れは酸性なので、弱アルカリ性の重曹水をかけると中和されて匂いが弱くなるといいます。

 

またサンダルの中敷きについた黒ずみには、消しゴムが効果的。鉛筆で書いた文字を消すように、黒ずみをこするだけでキレイになっていきます。もし汚れがシワの奥まで入り込んでいた場合には、消しゴムではなく台所用中性洗剤を使用するのがおすすめ。まずはあらかじめ、小さじ

1

杯分の中性洗剤を水

100ml

に溶かしておきます。液体を使い古しの歯ブラシにつけてサンダルのシワに沿って動かせば、みるみる汚れが落ちていくはず。

 

中性の洗剤を使うことで、サンダルの素材をあまり傷めずに済むのが大きなメリット。キレイになったら濡れタオルでよく拭いて、風通しのいいところで陰干ししてくださいね。

 

お手軽なクリーニング術に、視聴者からは「黒ずみが消しゴムで消えるって本当!? この方法知ってたら前に使ってたサンダル捨てなくてよかったのに…」「

1

回汚れたサンダルをキレイにできるなんてびっくり」と驚きの声が続出していました。