保護者が参加する小学校の行事といえば「授業参観」。わが子の学習態度や授業の様子、クラスの雰囲気などに、保護者の理解を深めるのが主な趣旨です。ママたちもさぞかし見学に熱心かと思いきや…授業参観そっちのけで〝ママ友バトル〟を繰り広げている困った人も。モンスターママに出会った体験談を聞きました。

 

 

■授業参観でまさかの大ゲンカ勃発(愛優さん/29/事務員)

iStock.com/baona
子どもが小学校にあがり、初めての授業参観に行ったときの話です。数名の若いママが始業に遅れて教室に入ってきたのですが、これがとにかくうるさい。ドア付近に陣取って、授業が始まっても大声で話しこんでいます。 出口から一番遠くにいた私にまで、会話の内容がわかるほどでした。さすがに先生もしびれを切らし「静かにしてください」と注意。すると「あ、は~い!」と言いながら、廊下に出て行ってしまったんです。 しかし、廊下でもお話は続行。それどころか廊下に出たことで、声のボリュームは大きくなってさらに盛りあがっているようです。「あはは!」という大きな笑い声で、発表する子どもの声がよく聞き取れません。 すると、ひとりのママが廊下に向かって「うるさいんですけど。静かにしてください」と注意したんです。すると「だから気を遣って廊下に出たんだろーが!」と、まさかの汚い言葉で応戦してきたんです。 騒動はそのままヒートアップし、ついにママ同士が大声で言い争うケンカに発展しました。騒ぎを聞きつけた先生たちが止めに入り、もう授業参観どころではありません。子どもたちがかわいそうですよね。