注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ワークマンの人気BEST5が凄すぎ 「1〜3位揃えても1万円以下なの!?」

ファッション

2019.12.18

「ワークマン」が働く人だけのお店だったのは過去の話。いまや男性だけでなく女性にも、カジュアルファッションのお店として親しまれています。どんどん進化するワークマンのアイテムから、特に人気の商品をご紹介しましょう。

油の上でも滑らない「ファイングリップシューズ」

日経トレンディが選ぶ「2019年ヒット商品ベスト30」で、「ラグビーW杯」や「タピオカ」を抑えて第1位を獲得した「ワークマン」。12月1日に放送された『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)では、「ワークマン」の系列店である「ワークマンプラス」の人気ぶりを特集していました。

 

同店で取り扱っているのは、作業着の機能性をそのまま“アウトドア用品”としてアレンジしたアイテム。ワークマンの人気沸騰で現在850店舗が展開し、売り上げは930億円にもなるそう。プロ向けのアイテムといえば「高品質に見合った高価格」と考えがちですが、ワークマンプラスの商品は“価格の安さ”が大きな特徴です。

 

番組ではワークマンプラスの商品の中から、ワークマン女子に人気のアイテムをランキング形式で紹介。第5位は子育て中のママに人気だという「ファイングリップシューズ」で、中華料理人が愛用する“コックシューズ”の機能を取り入れていました。中華料理人が手放せない「油や水の上でも滑らない」機能は、転倒が怖い妊娠中には嬉しいですよね。プロ御用達の高機能にもかかわらず、価格は1900円。あまりの低価格ぶりに、スタジオの全員が驚きの表情を見せていました。

 

パーカー+パンツ+シューズでも1万円以下

第4位の「綿アノラックパーカー」(2500円)は、発売から2週間で1万5000着が売れたというアイテム。溶接工が使う“溶接工作業服”から取り入れた「火の粉が飛んでも穴が開かない」特徴があり、アウトドア用ファッションとして大人気に。

 

続く第3位「4D超撥水ストレッチカーゴパンツ」(2900円)は、水をかけても生地の上で“水が転がる”ほどの撥水力が持ち味。第2位の「ケベックNEO」(2900円)も靴底の細かいガラス粒子を使ってスパイクをアレンジした、雪でも滑らない高機能シューズです。そしてこれらのアイテムたちを抑えた栄えある第1位は、去年だけで20万枚も販売された「エアロストレッチ防寒ブルゾン」でした。手に取ったお客さんから「軽い!」「色が可愛い」と大好評の同アイテムには、開発者も自画自賛する“静電抑制機能”がついています。静電気の不快な“パチッ”を防いでくれるうえ、生地の裏表にポリウレタンコーティングを施しているため風も完全シャットアウト。デザインもキュートで、2900円という低価格アイテムとは思えません。

 

衝撃価格の連続に、番組を見た人からは「1位から3位まで買いそろえても1万円いかないってすごい」「まだワークマンを甘く見てたな…」といった声が続出。改めてワークマンのラインナップに驚かされる人が相次いでいます。

 

“寝巻のように”着られるスーツも!

ワークマンが火つけ役となった「カジュアルに着られる作業服」ブーム。トレンドマガジン「DIME」の恒例企画である「DIMEトレンド大賞」では、「タピオカミルクティー」や「PayPay」と並んで「ワークマンプラス」が紹介されていました。

 

カジュアルに着られる作業服を販売しているのは、ワークマンだけではありません。株式会社オアシススタイルウェアの“スーツに見える作業着”「ワークウェアスーツ」も、高コストパフォーマンスとして話題のアイテム。「ストレッチ性、速乾・撥水・多収納、水洗い可能、形態安定」という高機能を兼ね揃えてるだけではなく、フォーマルにもタウンユースにも使えるカジュアルなデザインが人気の理由です。

 

コスパがよくてデザインもグッドなワークウェアが、今後は当たり前になっていくかもしれませんね。

 

関連記事:話題のワークマンで徹底調査!ママが「買い」のアイテム9選

 

文/長谷部ひとみ

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

ファッションテーマ : 【アイテム】その他の記事

アイテム
もっと見る