注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

家事や育児に協力的な旦那から突然「お前さ」と呼ばれ衝撃が走った日

コミュニケーション

2019.02.13

20190128omae01結婚当初はお互いの名前を呼び合ったり、“ママ・パパ”という呼び方だった夫婦もいると思います。しかし歳を重ねるごとに互いの呼び方が変わってしまうケースも。旦那さんに至っては「お前」と呼んでくる人もいるようで…。

 

奥さんのことを“お前”と呼ぶ旦那


とある女性は現在結婚7年目。育児もひと段落してようやく夫婦の時間が持てると思っていましたが、そんな中に“ある悩み”が生まれてしまいました。事の発端は、旦那さんと何気ない会話をしていた時。旦那さんが彼女のことを「お前さー」と呼んできたのです。今までは名前で呼ばれたり、子どもの前ではママと呼ばれていたのでビックリした彼女。その時は特に何も言わず、彼女にはモヤモヤだけが残りました。

 

彼女は今回の“お前”呼ばわりが、たまたまだと思って気にしないフリ。ところがそれ以降、旦那さんは何度も何度も“お前”という単語を使ってきます。“お前”と呼んでくる以外は優しくて家事や育児にも協力的な旦那さんですが、彼女は気になって仕方がありません。これ以上悩みたくないと思った彼女は、意を決して「最近私のことお前って呼ぶよね?」と質問。すると旦那さんは「全然気づかなかった~」と特に気にもとめていないようです。さすがに悲しくなってしまい、「気にしている私の心が狭いのかな…?」と胸の内をぶちまけていました。

 

“お前”という呼ばれ方に賛否の声


彼女に同情するかの如く、世の女性たちからさまざまな励ましの言葉が。「うちの旦那はなにがあってもお前とは呼びません。気になるんだったら、しっかり“やめて”と言わないと」「お前って呼ばれるの私も嫌いだから、気持ちが凄くわかります」「なんか見下されているみたいで嫌ですよね。ちゃんと気持ちを伝えてあげてください!」「私もそれで喧嘩しました。“親にもお前って言われたことないのに!”って泣いたら相手は驚いて直ったよ!」といった反響が起こっています。

 

他にも「モラハラ予備軍かもしれない。ひどくなる前に注意してあげて」「一回許すと癖がつくから、何度も言わないとダメ!」「前につき合ってたパワハラ彼氏が『お前』と呼んできました。今は大丈夫でも次第に傾向が見えてくる場合もあるから気をつけてね」と心配する声が。

 

一方で「お前と呼ばれても気にしない!」という人たちもいて、「昭和生まれの人って“お前”と言う人が多いからあまり気にならないな」「私も旦那のことを『お前』って言うことがあるから、お互い様だと思ってます」「なんか熟年夫婦みたいで私は好きだよ」などの意見が上がっていました。

 

1番多い旦那さんからの呼ばれ方


“お前”という呼ばれ方には非難の声が殺到していましたが、実際に世の女性は恋人や旦那さんからなんと呼ばれているのでしょうか。お悩み相談サイトでは、「旦那さんからの呼ばれ方」が話題になっていました。

 

子どもがいる家庭では、1番多いのが「ママ」。他にも「お母さん」「母さん」なども上がっています。結婚していても子どもがいない場合は、「○○ちゃん」「○○さん」「呼び捨て」で呼ばれている人が多い様子。他にも少数派ではありますが、「名前を呼ばれずに“ねぇ”とだけ言われる」「“おい”や“お前”」「あだ名」といった呼ばれ方をしている人もいました。

 

また「名前で呼ばれずに突然話しかけられる!」という人も多くいて、「そういえば名前って全然呼ばれないかも。私も特に名前で呼んでないし」「子どもは名前で呼んでいるけど、私の時だけいつも突然だわ」といった実体験を語っています。

 

夫婦によってお互いの呼び方はさまざま。もしも今の呼ばれ方に不満があるなら、悩まずに直接伝えたほうがいいかもしれませんね。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る