今日駅で人が多かったので 「There are many people in this station.」「many people today.」と子供たちに言ったら * 「“peoples” じゃないの?」と6才の次男に聞かれました。 * 「peopleが“人”ではなく“人々”って意味だからsはいらないんだよ」と言いましたが 【peoples】と調べると【peopleの複数形】と載っているではないか!peopleもpeoplesの意味も「人々」。 peoplesって使い方もするんですね。 エイゴ、、ムズカシイネー。。 * 「国民,民族」という意味でpeopleを使う場合は「数えられる名詞」になるんだそう。 「1つの民族」→「a people」 「複数の民族」→「peoples」 * [例] There are some peoples in the country.(その国には複数の民族がいます) なんだそうです。 ほーほー。ほーほー。 * 子供たちの着眼点や気づきってほんといっつも驚きます。 エイゴ、ムズカシイネー。笑 #ちなみにpicのSightWordReadersとってもオススメです#三男も大好きな絵本 #英語のお勉強#English#ママ公文#ママリ#三兄弟#三兄弟ママ#英語#SightWordReaders

beauty.spring2さん(@beauty.spring2)がシェアした投稿 - 2018年 3月月3日午前3時56分PST

◆ISE英会話スクール 青葉台校

まずは、青葉台駅から徒歩3分のところにあるとても落ち着いた雰囲気の『ISE英会話スクール 青葉台校』をご紹介しましょう。


ISE英会話スクールの特徴は、じっくりと時間をかけてバイリンガルの日本人スタッフによるカウンセリングが充実している点にあります。また、レッスンの様子をレセプションルームのモニターで観ることが出来ますので、お子さんの授業内容や成長の様子を確認することが出来ます。 小学生向けコースとして、年齢別レッスンを行なっています。レッスン内容はお子さんの進捗状況と理解度に合わせて行なわれます。


レッスン形態として、「プライベートレッスン(マンツーマンレッスン)」、最大4名までの「グループレッスン」、「セミプライベートレッスン」が用意されています。


レッスン時間は全て1レッスン50分で、4レッスンで¥15,296~の料金設定になっています。


小学生向けコースの学習目標として3つの目標があげられています。 第1の目標は「会話」が出来るようになることです。毎回のレッスンで、単語を並べただけの文章ではなく完全な文章で答えることが出来るように指導が行われています。質問に対する答え方や、自己表現を行なうことが出来ることも目標としてあげられています。


第2の目標は「単語力の強化」です。毎回のレッスンで必ず一度覚えた単語を使った会話を行ない、新しい単語も覚えられるようにアクティビティを活用しているそうです。


第3の目標として「リーディング」をあげています。


講師は毎回異なるアクティビティを使用することで、お子さんに常に新しいことを学ぶ楽しみを提供する工夫を行なっています。

 

 

◆ECC KIDS 青葉台校

『ECC KIDS 青葉台校』は、青葉台駅から徒歩3分のところにあります。


ECC KIDSでは、小学生向けコースとして次のコースが用意されています。「小学1・2・3年生英会話コース」、「小学4・5・6年生英会話コース」、「スーパーマスターコース」になります。 「小学1・2・3年生英会話コース」では、「聞く」、「話す」を中心にレッスンを行ないます。学習目標としては、自分の身の周りのことが話せるようになり、自分以外の人のことについても説明できるようになることです。フォニックスを学び発音のルールを学んで行きます。 「小学4・5・6年生英会話コース」では、聞く・話すに加えて、海外の生活や習慣の違いを理解することが出来るように学習を進めて行きます。学習目標としては、ネイティブスピーカーの自然な日常会話のスピードに対応することが出来るようになり、基礎的な日常会話の習得を目指します。 「スーパーマスターコース」では、「聞く」、「読む」、「話す」、「書く」を学び総合的な英語力をバランスよく身に着けるためのレッスンを行ないます。外国人講師とバイリンガル講師によってレッスンが行なわれます。


スーパーマスターコースは、「小学1~3年生コース」と「小学4~6年生コース」に分けられ、それぞれに「入門者コース」と「経験者コース」が設定されています。お子さんのレベルと年齢に合わせてレッスンを受けることが出来ます。