コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「子どもひとりで病院に行かせていい?」年齢の目安と注意点…医師がアドバイス

子どもの健康

2020.04.22

15歳を過ぎれば基本的に「一人受診」も可能

 

iStock/kokoroyuki

 

一般的に小児科は「15歳までの子ども」が通う診療科です。それ以降の年齢になると、内科や外科などの診療科に通うことになります。

このため筆者個人の意見としては、15歳を過ぎた子どもは「小児」としては扱われないため、軽い風邪やケガなどであれば一人で医療機関を受診して構わないと考えます。

むしろ、親に知られたくない悩みなどが原因で体調を崩しているときは、親がつき添ってしまうことで、かえって正しい診察や問診が行えなくなってしまうことも少なくありません。

たとえ病院に付き添ったとしても、診察室まで同席するのは控えた方がよいケースもありますので、医療機関の指示に従ってください。

ただし、入院治療や手術が必要になるような場合は、未成年では「同意」ができないことがほとんどです。

重度な症状がある場合や、治療を継続していた症状が急激に悪化した場合などは、必ず保護者がつき添うようにしましょう。

 

 

文:成田亜希子

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【悩み】その他の記事

悩み
もっと見る