2018.11.08

本と本棚の整理収納術!読書の秋に見直しを

2.本棚に置く本を厳選する


厳選するポイントは2つ。「よく読む本であること」と「自分が好きな本であること」です。頻繁に読む本ではなくても、好きな本がズラッと並んだ本棚があることは、心の安定剤にもなったりします。

また、寝る前によく読むなど、本を読む場所が決まっている場合もあります。その時は本棚ではなく、ベッドの下に本棚収納スペースを作るなど、分散して収納することで、本棚の本を減らす方法もあります。

各場所に応じた保管ケースは色々と販売されていますので、あなたの生活スタイルに合わせて選んで下さいね。

 

3.本棚のマス目でジャンルに分けて収納


本棚にざっくばらんに本を並べていると、なんだか雑踏としてすっきりしませんよね。しかも、読みたい本がどこにあるかも分からなくなってしまいます。使い勝手よく本棚に収納するには、本を大まかにジャンル分けすると効果的!本棚のマス目(枠)ごとにジャンルに分ければ、本を探す時にとてもラクになりますよ。

また、収納する時には本の高さを揃える事を意識しましょう。ラインが揃っているだけでも、すっきり見えます。

 

4.ブックエンドを利用しよう


本棚に本が倒れていると、取り出しにくいだけでなくとっても乱れて見えてしまいます。こういう場合はブックエンド使いが有効です。きちっと立てて入れることで空間ができ、沢山の本でも圧迫感が減りますね。

 

>>NEXT ファイルボックスで統一感を出す

≪ BACK 1

2

3 4 NEXT ≫

笹田奈美子

整理収納コンサルタント。自宅新築の際、収納スペースを整えたにも関わらずうまく片付けることが出来ずに挫折。その時に整理収納を学び、自宅で家族が使いやすく・片付けやすい仕組みを構築する。2014年cozyroom(コージールーム)開業、個人宅向け整理収納サービスをスタート。