2018.06.19

サラリーマンが副業するならコレ! ココナラでイラスト制作・販売をするSaya.さん

かつては安定した収入を得られるとされていたサラリーマンという職業。でも、このご時世、将来的なことを考えると会社からのお給料だけでは不安…という人も。今のライフスタイルをキープしながら、そこそこ稼げる副業って気になりますよね。そこで、実際に副業で稼いでいる人の体験記をご紹介。今回は、以前から好きだった絵を描くことを副業にしたSaya.さんのお話を紹介します。

Saya.さんは、IT関連企業に勤務しながら家事、子育てを行う一方で、イラストの制作を副業にしています。絵を描くのは子どもの頃から大好き。ずっと趣味で描き続けていたことがもうひとつの仕事になっています。

Profile
Saya.さん

IMG_0575
32歳。IT関連企業で管理・営業事務に従事する。時短勤務中。夫と息子(2歳)の3人家族。東京都在住。2016年2月より「ココナラ」でイラスト制作の副業を行う。会社には副業の許可を得ている。

 

絵を描くのが好き!その気持ちからイラスト制作を選ぶ


「2016年2月からの産休をきっかけに、自宅で何かスキルアップにつながることをしたいなあと思ったのが出発点です。ネットサーフィンして目に留まったのは、自分の得意なことを売買できる『ココナラ』のウェブサービス。趣味のイラスト制作を商品として出品でき、注文を受けて納品したら収入を得られるのと、お客さんとの受発注のやり取りはすべてウェブ上で完結するのが魅力でした」

ココナラはスキル、経験、知識などを売り買いできるオンラインのフリーマーケット。イラスト制作に限らず、占いや美容アドバイス、就職相談、ホームページ制作、ロゴ制作など、ビジネスからプライベートまで利用できる200を超える得意なことが出品されています。登録者は80万人以上。副業のプラトットフォームとしても人気を集めているのです。

「産休に入る前は絵画教室に通っていました。出産・子育てに専念するためにやめる決断をしたのですが、絵を描く時間は自分にとってリフレッシュとなり、必要な時間だと気づきました。ママになるからといってしたいことをあきらめるのではなく、仕事はもちろん、大好きな絵を描くことも続けたい。ココナラを通じてイラスト制作できるのはまさに理想の生活だったのです。

IMG_0572
▲絵画教室に通っていた頃に描いた作品。

職場復帰した現在も、週末の時間を使ってイラスト制作の副業に励むSaya.さん。
「イラストはペンタブレットとノートPCで制作します。部屋を汚さずにすみ、画材などの経費も一切かからないのが利点ですね。自分のペースにあわせて休日に自宅で作業し、夫の協力も得ながら家事、子育てと両立できています」

IMG_0582

Chanto

前の記事へ

広告内で自問自答「はたらいて、笑おう。」の続編に反響続出

仕事術

2018.06.18

広告内で自問自答「はたらいて、笑おう。」の続編に反響続出...

「40代主婦、正社員で働ける職場はある?」に辛辣な返信が刺さる

転職(再就職)

2018.06.19

「40代主婦、正社員で働ける職場はある?」に辛辣な返信が...

次の記事へ