小林よしひささん「たいそうのおにいさん卒業。37歳の転職」【前編】

yoshi201906A-7495

『おかあさんといっしょ』の11代目・たいそうのおにいさんとして、14年間もの長い間活動をされていた、小林よしひささん。番組の人気コーナー「ブンバ・ボーン!」で子どもたちと毎朝元気に踊るよしおにいさんは、子どもたちはもちろん、私たちママにとってもヒーローのようでした!

 

現在37歳を迎えたという、小林さん。23歳から14年間務め上げたたいそうのおにいさんを卒業するときの心境は?よしおにいさんも、私たちと同じように「転職」に悩んだりしたの?【前編】ではそのあたりについて、いろいろと話を伺いました。

 

よしおにいさん、等身大の37歳として

「転職」を語る


体操のお兄さんになったその日から、

いつかは訪れる「転機」について考え、準備をしていた

 

今春で体操のお兄さんをご卒業されましたよね。それも世間でいう「転職」ということになりますよね? 

 

小林よしひささん:

そうですね。「転職」ですよね、フフフ。たいそうのおにいさんも現在も、テレビでのお仕事であるという意味では変わらないのですが、ありがたいことに今は経験したことのないさまざまな仕事をいただくので、毎回が新しいチャレンジです。そういった意味では、全く別の仕事といってもよいかもしれませんね。

 

yoshi201906A-7478

 

小林さんでも、新しいフィールドでとまどわれたりするんでしょうか

 

小林よしひささん:

僕は、新しいことに挑戦できることほど楽しいことはないと思っていて。新しいことに取り組むのって、大変なことも多かったりしますが、「新しい環境を素直に楽しむ」ということが一番大事なのかな、と思いますね。

 

現場の雰囲気は、もちろん今までとは全然違います。例えば『ブンバ・ボーン!』では、子どもたち40人くらいと接していました。一人ずつ声をかける時間はないにしても、子どもたち全員の顔は必ず見るようにして、一緒の撮影時間を楽しむように心がけていました。今の現場は大人ばかりで最初はとまどいましたが(笑)、撮影時間を楽しく過ごすための努力をするという意味では、変わらないですね。

 

小林さんはもともと学生時代から「たいそうのおにいさん」を目指していらっしゃったのですか?

 

小林よしひささん:

それが、全くなんです。だから、今こうしてこの場所にいることを、学生当時は想像もしていなかったですね。

 

yoshi201906A-7473

 

僕は高校まで剣道をやっていたのですが、剣道をやる上で、より強くなる方法を自分で研究したりしていたんです。それで筋肉とかトレーニングの勉強をしたくて、そういったことの基本が体操ということもあり、日本体育大学の体操部に入部しました。

入部してみて、そこからたいそうのおにいさんが数人輩出されていることを初めて知りました。といっても、なれる可能性としてはゼロではないにしても限りなくゼロに近い感覚で過ごしていましたね、当時は。

 

大学卒業後は、地方公務員を目指していました。そんな頃に、たいそうのおにいさんのオーディションを受けてみないかと、大学の先生から勧められまして。これも勉強、と受けたのがきっかけです。

 

そうなんですね…!実際は14年間という長い間在籍していらっしゃいましたが、「たいそうのおにいさんになる」と決めた瞬間から長く務め上げるプランというか目標があったのですか?

 

小林よしひささん:

…というより、逆ですね。長くないだろうなあ、と勝手に思っていました。というのは、前任の「ひろみちおにいさん」がとても人気のある方だったので、次が僕となると「なかなか受け入れてもらえないのかな…」という不安がありました。そういった意味では、どこかで卒業後のことを、その当初から考えていたのかもしれません。

 

と同時に、当時は目の前にあることに努力し、楽しい番組にするということに精一杯でもありました。だからこそ、14年間やってこれたというのもあるのかもしれません。

 

長い間務め上げられて、辞めるきっかけはなんだったのでしょう

 

小林よしひささん:

14年目を迎えて長くなったのでそろそろかなというのが自分でもありつつ、番組の改変に合わせて卒業の話をいただきました。

 

例え長くなったとしても、確実にいつかは卒業するたいそうのおにいさん。そういった意味では、オーディションに合格した段階から次のことは常に考えていたかもしれないですね。それに向けての勉強や経験を、ポジティブにするように心がけてきました。

 

>>NEXT 娘が生まれてからの転職だったから…

松崎愛香

フリーライター。小学生女子と保育園男子の2児の母。「読んでハッピーに」そんな記事を各ジャンルで執筆。