2019.06.09

通帳すら時代遅れに!?三菱UFJ銀行の通帳レス化が大反響

20190607ufj01

お金の管理に欠かせない預金通帳。最近では“デジタル化”が進み、通帳がなくてもインターネット上で口座情報を確認できます。大手銀行の間では通帳をデジタル化する動きが広がっていて、今後“紙の通帳”が減少していくかもしれません。

 

“紙の通帳”を発行しない方針を固めた「三菱UFJ銀行」


三菱UFJ銀行は6月から新規口座を作る人に、“デジタル通帳”を利用してもらう方針を固めました。“紙の通帳”は希望された場合のみ発行するため、原則としてパソコンやスマートフォンから“デジタル通帳”を使用してもらうことになります。

 

デジタル通帳は「過去10年分の入出金記録を無料で見られる」というメリットがあり、さらに銀行側も紙の通帳にかかる印紙税(200円/年)の負担を抑えられるとのこと。ちなみに紙の通帳を持っている既存の顧客は、希望すればデジタル通帳に移行できるそうです。

 

“通帳のデジタル化”を知った人からは、「わざわざ銀行に行って記帳する手間が省けて良いと思う」「利便性がアップするからぜひ活用したい! これからはスマホがあれば何でもできる時代だね」「スマホで明細を見れるのはかなりお手軽。逆に記帳を知らない人が増えるかも」といった声が寄せられていました。

 

>>NEXT “デジタル通帳”のメリット・デメリットは?

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。