2018.12.22

年末料理はUber Eatsに!?最近の出前アプリで注文できる料理のクオリティがすごい

app201812

年末年始はクリスマスやお正月など、家族や友人で食卓を囲む機会が増えます。そんなときにすべての料理を手作りするのは思った以上に大変です。

そこで活用したいのが出前アプリ。なかでもおすすめなのが「Uber Eats」というサービスです。ほかにも、「楽天デリバリー」や「出前館」といったサービスも人気があります。各サービスの特徴をご紹介しましょう。

「Uber Eats」ならお店の味が自宅で楽しめる


「Uber Eats」は、掲載されている飲食店の料理をスマホアプリから注文すると、Uber Eatsに登録している配達パートナーがお店で料理をピックアップして、指定した場所に届けてくれるサービスです。もともとはアメリカで始まったサービスで、2016年から日本でもサービスを展開しています。

app201812-2

▲配達先の住所を設定しておくだけで、そのエリアで注文できる飲食店の一覧が表示される(写真左)。配達時間での絞り込みにも対応(写真右)。

私もいろんな出前アプリを使ってきましたが、最近はUber Eats一択。なぜなら、とにかくいろんなお店の料理を注文できるからなんです。配達してもらうエリアや時間帯にもよりますが、何を食べるか悩むくらいの選択肢があるんです。さらに、出前にありがちな「最低注文金額」がないのは大きな強みといえるでしょう。

また、これまでの出前といえば、ピザや中華など少しジャンクな料理がメインでしたが、Uber Eatsではサラダ専門店やビーガン料理の専門店などのヘルシーな食事も注文できます。

app201812-3

▲「食事制限あり」という項目を選ぶと、「ベジタリアン」「ビーガン料理」「グルテンフリー料理」といった絞り込みが可能(写真左)。

「ベジタリアン」で絞りこんでみると、ベジタリアン向けの料理が注文できる店が表示された(写真右)。

注文した料理が完成すると、配達パートナーがどこにいるのかが地図上で確認できるのもアプリならでは。配達パートナーとの連絡はメッセージや電話で行います。

app201812-4

▲配達パートナーがいまどこにいるかがリアルタイムで表示される(写真=左)。もし迷っている様子であれば、メッセージや電話でのやり取りが可能(写真=右)。

注文した料理は、アカウントに登録しているクレジットカードやPayPalでの支払いとなっており、現金を出す必要はありません。届いた料理を受け取るだけでいいんです。

app201812-5

▲注文時にクレジットカードもしくはPayPalを選ぶ(写真左)。商品の受け取り後は、配達パートナー、お店、料理の評価をする(写真右)。

>>NEXT 気になる対応エリアと配送料は?

今西絢美

家電やIT関係の記事を執筆するかたわら、
“おいしいものナビゲーター”として食の記事も執筆中。