注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

掃除の時短には、昔ながらの〝ほうき″がとってもいいって気づいた!

家事

2018.06.21

食事作りや洗濯は毎日やらきゃならないけれど、ホコリで死ぬわけではない…。

こうして掃除はついついおざなりに。私も、「あー、お掃除ロボットがほし~~!」とほざいていた人間ですが、今やササっとクリアできるようになりました。それはなぜ? 

実はひとえに、“ほうき”のおかげなのです。

ワイパーや掃除機にはそれぞれ弱点あり

以前の私の掃除スタイルは、ホコリが目立ってきたらフローリングワイパーをかけ、時間のあるときに掃除機をかける、という2本立て。でも、これには不満だらけでした。

shutterstock_376794175

ワイパーは、ホコリや髪の毛には威力を発揮しますが、息子が持ち込む砂や土、おせんべいの欠片、キッチンの食材くずなどの固形のゴミには太刀打ちできない。特に、壁際や隅にたまってしまうと届きません。最後はとりきれず床に残ったまま…。

かといって、掃除機は使うのはもっとイヤ。そもそも出すのがめんどう、コードを引っ張り出すのがめんどう、コードつきのまま取り回すのもめんどう…。

ところが、この不満だらけの掃除スタイルが、3本のほうきの導入で激変したのです。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【掃除】その他の記事

掃除
もっと見る