2018.09.01

家の中の安全を確保!お片付けでできる防災と備え6つのポイント

防災お片付け
いつ起こってもおかしくないと言われている南海トラフ地震、そして台風や豪雨など、自然災害への不安は尽きません。もし家の中にいるときに、災害が起こったら・・・あなたの家の中は安全ですか?すぐに避難できるように準備ができていますか?普段からしっかり対策をしておけば、非常時にも冷静に行動できます。

その中でも、家の中を片付け、どこに何があるか分かる状態にしておくことは、私達がすぐに出来る安全対策といえます。

今回は“家の中の防災”にスポットをあて、安全という目線から片付ける時に気をつけたいポイントや備えについてお伝えします。

 

片付けでできる防災対策とは?

 

1.家具の転倒、置き方に気をつける

これまでの地震の際、多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって大けがをする、ということが起こっています。転倒防止対策をするのはもちろんですが、もし倒れた場合に避難通路を防ぐことはないか?寝室や子供部屋に大きな家具を置いていないか?ということにも気をつけてみてくださいね。

今使っていないタンスやラックが家の中に置きっぱなしになっている・・・という家も、意外と少なくありません。捨てるつもりのモノで自分や家族が怪我をしてしまうのはとても悲しいことです。もしそういったものがある方は、出来るだけ早いうちに手放しておきましょう。


2.高い所にモノを置かない、詰め込まない

防災_突っ張り棒

高い所にある収納棚に食器などが入った箱や重たいモノなどを置いていませんか?もし置いていたら、すぐに下の段に移動させましょう。普段あまり使う出番のない大きなものは高い場所にしまいがちですが、地震などの強い揺れで扉が開いたら、落ちてきて大事故につながってしまいます。家具を突っ張り棒で転倒対策をしていても、その隙間にモノを置いていたら、滑って落ちてきた!という事をも実際に起こっています。普段あまり使ってないから・・・というモノは、この機会に手放す事も視野に入れていきたいですね。 

笹田奈美子

整理収納コンサルタント。自宅新築の際、収納スペースを整えたにも関わらずうまく片付けることが出来ずに挫折。その時に整理収納を学び、自宅で家族が使いやすく・片付けやすい仕組みを構築する。2014年cozyroom(コージールーム)開業、個人宅向け整理収納サービスをスタート。