2018.06.29

伝説の家政婦が教える”焼きっぱなしハンバーグ”が簡単で斬新!

recipe3

\レンチンするだけでメインが完成!/

鮭のクッキングシート包み焼き

 

P42main

家族に魚料理を食べさせたいママからのリクエストが多いため、Kotoさん自身もよく作る1品。クッキングシートで包まれていると、加熱した際にかたくならず、ふっくらと仕上がります。

 

材料(4人分)

生鮭(切り身)……4切れ

パプリカ(赤・黄)……各1/2個

ピーマン……1/2個

玉ねぎ……1/2個

ミニトマト……4個

ハーブ入りソルト……適量

白ワイン……大さじ2

・白ワインがなければ料理酒でも。

・あればフェンネルをのせるとさらにおいしい。

 

作り方

1.鮭にハーブ入りソルトをふる。パプリカ、ピーマン、玉ねぎは細切り、ミニトマトは半分に切る。

2.クッキングシートを25✖︎30cmほどに切る(鮭の大きさに合わせて調整)。半分に折り、片面の中央に鮭を1切れおく。①の野菜の1/4量をその上にのせ、白ワイン大さじ1/2をふりかけ、クッキングシートで包む。これを4つ作る。

3 .耐熱皿に②をのせ、電子レンジ(600W)で3分加熱する。

 

冷蔵保存2〜3日 冷凍保存1週間

 

POINT

P42b

▲クッキングシートで包む際は、重なった3辺を内側にしっかり折り込み、両角の耳を折る。

  

-Profile-

Koto

profile

栄養士・フードスタイリスト。給食産業にて栄養士として活動をした後、「今まで培ったスキルを活かして、もっと多くの方々に食生活を楽しんでいただきたい」とフリーランスに転向。料理教室などを主宰するかたわら、現在は家事代行マッチングサービス・タスカジにて料理専門のハウスキーパーとして活動中。https://taskaji.jp/user/profile/3049

 

 

-レシピ掲載書籍-

『Kotoさんのかしこい作りおき』

cover

「食費が月末でピンチです!」、「お魚を家族に食べさせたいんです」、「食材が少ししかない…」。そんな、家事代行マッチングサービス・タスカジの、ユーザーさんからのリクエストに応えてきたKotoさんのアイデアが満載。“魔法のよう”と絶賛される時短テクニックを使った作りおきレシピ集。1300円(税別)/学研プラス

 

取材・文/さくまえり 撮影/福岡 拓

 

≪ BACK 1 2

3

さくまえり

フリーランス。
主に料理や掃除、家計管理の取材、原稿執筆を行う。
2018年に第一子を出産し、子育て奮闘中。