2019.06.09

子どもが生まれたらそろえたい家電4つ

17-1

結婚して子供が生まれると、それまでの生活とは一変、完全に子供のことが中心の暮らしになります。
そうなるとあらためて考えたいのが毎日の家事に使う家電の選び方。今までは現在持っている家電で十分不便なく暮らせていたとしても、子供が生まれて生活のリズムが変わり、違った視点で暮らすようになることで今までには感じなかった不便さを感じたり、もっと○○だったらいいのに……と新たな理想に気が付いたりするものです。
今回は、子供が生まれたらそろえておきたい便利な家電をまとめました。「なくても家事はできるけれどあったら便利になる」ということの素晴らしさを実感するのは子供が中心の暮らしになってから。仕事や育児、家事でへとへとのママやパパはぜひ参考にしてみてくださいね!

■離乳食やミルク作りに便利なキッチン家電

○すぐにお湯のわかせる電気ケトル
赤ちゃんが生まれてから気が付いたというママも多いかと思いますが、子供のお世話をするにはお湯が必要になる場面がたくさんあります。特に母乳ではなくミルクをメインにしているというママは、いちいちお湯をわかしたり、ポットに残ったお湯の残量を気にしたりして過ごす手間やストレスがよくわかるはず。必要な量だけをその都度短い時間でわかせる電気ケトルは、子供が生まれたらぜひともそろえておきたい家電です。
電気ケトルの良いところは、子供が大きくなってミルクや離乳食を必要としなくなってからも便利に使えるという点ですね。自分やパパの紅茶やコーヒーなどを淹れるのにも便利ですし、急な来客があったときにもさっとお茶を出せます。
小さなお子さんがいると、どうしても自分に使える時間が少なくなってしまいますよね。すぐにお湯をわかせる電気ケトルがあれば、短い時間でもあたたかいお茶を飲んでほっと一息、リフレッシュするのにも役立ちます。

○離乳食作りにぴったりのハンドブレンダー
赤ちゃんの離乳食作りは、普通のお料理よりもずっと手間や時間がかかるもの。簡単にレトルトなどで済ませるのも良いですがコストもかかりますし、うっかり切らしてしまうことだってあります。アレルギーなどがない赤ちゃんであっても、離乳食を手作りしなければいけない機会はたくさんありますよね。
離乳食を作るとなると、食材をペースト状につぶしたり、これ以上は無理というくらいに細かくみじん切りにしたりと時間のかかる作業ばかり。その負担を軽減してくれるキッチン家電がハンドブレンダーです。もちろんキッチンにスペースがあれば大きめのミキサーなどでもいいのですが、ハンドブレンダーなら普段はしまっておけるのでキッチンが狭くなるということもありません。離乳食に必要な食材の量は少ないですから、そういった面でも少量の食材を手軽に細かいみじん切りやペースト状にしてくれるハンドブレンダーはとても便利。普段の料理にも生かせるので、ぜひ手元に置いておきたい家電です。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。