2018.10.22

健康になりたければ掃除は窓を閉めてやりなさい!?

20181022_cleaning_01家の中を清潔に保つため、毎日のお掃除は必要不可欠。しかし間違った掃除方法をすると細菌を含んだホコリが散らばって、むしろ健康を害する可能性が。かといって今まで行っていた掃除の、何が間違っているのか分からない方も多いはず。そこで今回は、プロが伝授する正しい掃除の仕方についてご紹介しましょう。

 

掃除機に関する新常識


10月15日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、話題の本「健康になりたければ家の掃除を変えなさい」で知られる掃除のプロ・松本忠男さんが登場。今までの常識を覆す、まったく新しい掃除の新常識を教えてくれました。

 

まずは日常的によく使われる“掃除機”のかけ方から。普段の掃除をする上で、窓を開けながら掃除機をかける方が多いと思います。ところがこの換気自体がそもそもの間違い。風でホコリが空中に舞い上がり、掃除しづらい場所に飛んでいくことに。掃除中は窓を閉めてエアコンも切り、掃除機をかけてから約20分後に換気しましょう。

 

窓を開けないことも大事ですが、掃除機本体の使い方にもポイントが。カーペットに掃除機をかけるときはつい素早く動かしがちですが、これだとカーペット表面の汚れしか取れません。掃除機はゆっくりと後ろに引くと吸引力がアップ。1秒間に20センチ進むくらいのスピードにすると、隙間に詰まったホコリが綺麗に取れます。また掃除機を使う時に力を入れるとカーペットの毛が寝てしまうため、なるべく力をかけないように心がけてくださいね。

 

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。