2018.09.12

映画『ブレス しあわせの呼吸』心揺さぶる奇跡の実話

ブレス しあわせの呼吸_メイン

©2017 BREATHE FILMS LIMITED BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND BRITISH FILM INSTITUTE. ALL RIGHTS RESERVED

 

生存確率はほぼゼロ。余命数ヶ月を宣告された主人公は、残りの人生を自分らしく生きたい!と病院を出る決意をします。今のようにテクノロジーが発達していない時代に、その後36年も生きた奇跡の実話をご紹介します。人生にはチャレンジとユーモアが大切!と思える作品です。

 

映画『ブレス しあわせの呼吸』あらすじ


 

幸せの絶頂から一転、余命宣告される主人公

 

Breathe_170816_Day37_ 1175.jpg

©2017 BREATHE FILMS LIMITED BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND BRITISH FILM INSTITUTE. ALL RIGHTS RESERVED

 

美しいダイアナ(クレア・フォイ)に一目惚れした主人公・ロビン(アンドリュー・ガーフィールド)はすぐに結婚。誰もが羨む美男美女のカップルに、もうすぐ子供が生まれる。まさに幸せの絶頂にいる二人でしたが、ロビンがポリオに感染し、医師から余命数ヶ月と宣告されてしまいます。首から下は全く動かず、ベッドからも一歩も出られない。人工呼吸器なしでは2分で命を落としてしまうという状況。ロビンは「死にたい」と口にするようになります。

 

BQ5A9749.CR2

©2017 BREATHE FILMS LIMITED BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND BRITISH FILM INSTITUTE. ALL RIGHTS RESERVED

 

しかし、妻のダイアナは諦めません。「病院を出たい」というロビンの願いを叶えるために、新しい家を買い、自宅で生活できるような環境を整えます。病院を出たら2週間で死んでしまうと言われても、閉じ込められる人生ではなく、自分らしく生きることを決意したロビン。久しぶりに青空を目にしたロビンの表情には、幸せが満ち溢れていました。

 

タナカシノブ

通信社、新聞社、ゲーム会社、映像制作会社を経て、
2015年9月よりフリーライターとして活動中。
映画、ライブ、歌舞伎、落語、美術館にふらりと行くのが好き。