2018.10.05

注ぎ方で極上の1杯に変わる! ビールのクリーミーな泡を作るプロの技

20181005_beer_01子どもも寝静まり、仕事や家事がひと段落したあとに晩酌を楽しむママも多いですよね。1日の終わりに訪れるリフレッシュタイムは、明日への活力につながる至福の時。“自分へのご褒美”を充実させるために、おいしくビールを飲む方法を学んでみましょう。

 

泡がビールのうまみを閉じ込める!


8月26日放送の『ゲンバビト』(TBS系)には、サントリーの営業サポート部門に勤めるシニア樽生アドバイザー・前原健二さんが登場。作りたてのおいしさを味わえるよう、ビールの注ぎ方などを飲食店にアドバイスしています。

 

前原さんによると、ビールと泡の比率は7:3が理想だそう。とはいえ比率さえ守ればよいというわけではなく、クリーミーな泡を作るためには工夫が必要です。まずはグラスを斜め45度に傾けてゆっくりとビールを注ぎ、徐々に起こしましょう。次にビールの表面すれすれに泡をのせ、初めに出来た粗い泡を取り除けばOK。キメの細かい泡が炭酸ガスを逃さない“フタ”の役割をするので、うまみを中に閉じ込められるとのことです。

 

VTRを見たMCのピエール瀧さんは、「説得力あるわ。注ぎ方一つですよ!」と感心したようす。視聴者からも「めっちゃ勉強になる。泡のパワーってすごい」「見ているだけでビールが飲みたくなった! クリーミーな泡最高」といった声が上がっています。

 

そして、極上の泡作りにはグラスのコンディションも大切な要素。ビールにとって油分は大敵で、グラスの内側に少しでも油がついていると気泡ができてしまうそう。うまみを外に逃がさないためにも、スポンジを回しながらグラスの内側を洗い、底まで丁寧に汚れを落としてくださいね。

 

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。