2019.01.07

子どもが仕上げ磨きを嫌がる時の必殺技!【年齢別1歳・2歳・3歳~】

education201901

平成28年に東京で1歳から5歳の子の保護者1,000人に実施されたアンケートによると、約75%が「子どもが一人で歯みがきした後、保護者が仕上げ磨きをしている」と答えました。

でも、歯みがきの必要性を言い聞かせてもなかなか通じない1歳児、イヤイヤ期の2歳など、毎日の仕上げ磨きはそうそう簡単ではないですよね。

今回は先輩ママへのインタビューに加え、SNSやインターネットからも「仕上げ磨き必勝法」を年齢別に集めてみました。

 

親の仕上げ磨きはいつまで必要?


冒頭のアンケートでは、5歳時点で「子どもが一人で磨く」という回答が10.5%でした。それより小さい子では100人中1~2人で、ほとんどのママ・パパは、4歳~5歳までは仕上げ磨きは欠かせないと考えていることが分かります。

 

筆者の娘たちの幼稚園で開催された「歯の健康教室」で、参加者からの質問タイムにあがった

「仕上げ磨きはいつまでするべきですか?」

という質問に対し、講師の歯科医は

「子どもは思った以上に磨き残しが多いですから、完璧を目指すなら、4年生くらいまでした方がいいです」

と回答されていました。

 

ただ、小学生になると、磨き残しを親がきれいにするというよりはちゃんと磨けているかのチェックという意味合いにだんだん変わっていくため、毎日でなくても、1日おき→3日に1回と回数を減らしていってもOKとのこと。

 

そしてこれなら一人でも大丈夫!と思えたときが「仕上げ磨き卒業」なので、4年生というのはあくまでも目安で、中にはもう少し早い子もいるということですね。

 

>>NEXT 1歳向けの必勝法は?

高谷 みえこ

ライター歴15年。大手企業サイトなどで執筆を行う。得意分野は女性・主婦向けの記事。育児ポータルサイトでは新米ママのお悩み相談コーナーで回答者を務めた実績を持つ。